佐藤俊介は、オランダを拠点に活動をするヴァイオリン奏者である。2歳の頃からヴァイオリンを始め、3歳でヴァイオリニスト鷲見四郎の門下生となった。幼いころから様々な経験を積みながらミュンヘン音楽・演劇大学を卒業。その後も諸外国を渡り歩き、技術と表現力を磨いていった。世界中を渡り歩く彼だが、2017年6月には東京の三鷹市芸術文化センターにてオーケストラ・リベラ・クラシカに参加。さらに2017年6月には、同じく東京の浜離宮朝日ホールで鈴木秀美、スーアン・チャイらと共にコンサートをおこなった。世界各国で培われた演奏技術を、ぜひこの機会に堪能してみてはいかがだろうか。

佐藤俊介の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

佐藤俊介の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

佐藤俊介のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 18:00更新)

佐藤俊介について

佐藤俊介の魅力とは

佐藤俊介は、10歳でフィラデルフィア管弦楽団の学生コンクール小学生の部門で優勝。これがきっかけとなり、フィラデルフィア管弦楽団のエドゥアール・ラロのスペイン交響曲でオーケストラデビューを果たした。その後は史上最年少となる12歳でニューヨークのヤング・コンサート・アーティスツのキャリアサポートを授与され、その後北米での演奏活動を開始するようになった。コンサート活動などだけでなく、録音も数多く発表しているヴァイオリニストであり、第15回出光音楽賞や第62回文化庁芸術祭大賞(レコード部門)を受賞している。

幼いころから世界各地を転々とし、様々な指導者や音楽と関わってきた彼は、幼いころから何度も大きな舞台を踏んできたこともあり、高い演奏レベルと幅広い楽曲のレパートリーを持つことで知られている。格式高いコンチェルト・ケルンおよびオランダ・バッハ協会のコンサートマスターを務める一方で、最近では近現代曲にも積極的に取り組んできた。2015年には「ヴァイオリン×ダンス 奏でる身体」と題し、ダンスとヴァイオリンをコラボレーションしたステージを披露するなど、現代ならではのジャンルにも挑戦している。クラシックやバロック音楽という枠組みにとどまらず、様々な形で音楽の素晴らしさを広めている佐藤俊介にぜひとも注目してほしい。

佐藤俊介が好きな方はこんなチケットもおすすめ