佐々木亮介は、2006年に結成された3ピースロックバンドa flood of circleのフロントマンだ。2009年に1stアルバム「BUFFARO SOUL」でメジャーデビューし、ブルースやロックンロールをベースにしたストレートでエッジの効いたサウンドと、佐々木のエモーショナルなボーカルパフォーマンスが注目を集めた。その後、メンバーの失踪や脱退などの試練を乗り越えて、結成10周年を迎えた2016年にベストアルバム「THE BLUEーAFOC 2006-2015ー」を発表。初のロンドン公演を敢行し、現地のオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。ソロとしても精力的に弾き語りライブを展開している佐々木亮介の熱いメッセージを受け止めてほしい。

佐々木亮介の日程

41人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

佐々木亮介のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/18 18:00更新)

佐々木亮介について

佐々木亮介の魅力とは

70年代ロックに大きな影響を受けたミュージシャン佐々木亮介は、3ピースロックバンド「a flood of circle」のフロントマンとしてギター&ボーカルを担当する一方、ソロとしても弾き語りライブを行い、パッション溢れる歌声とパフォーマンスが人気を集めている。

2006年に結成されたa flood of circle は、翌年初音源となるミニアルバム「a flood of circle」を発表し、新人バンドとしてFUJI ROCK FESTIVAL のROOKIE A GO-GOステージに登場。ストレートで熱量の豊富なロックンロールを演奏し、注目を集める。2009年に1stフルアルバム「BUFFALO SOUL」でメジャーデビューを果たすが、全国ツアー中にギタリストが失踪。その後、ベーシストも病気が原因で脱退。バンド存続の危機に陥るが、後任のベーシストにHISAYOを迎え、ドラマー渡邊一丘とともに3ピースのロックバンドとして精力的に活動を展開。

2017年には2年ぶりにフルアルバム「NEW TRIBE」を発表し、レコ発全国ワンマンツアー「新・民族大移動」を敢行。全国のライブハウスに熱狂の嵐を巻き起こしている。また、ソロとしてもアコースティックギターによる弾き語りライブを行い、フォークやブルースのカバー曲を披露するなど、シンガーとしての魅力を発揮している。

佐々木亮介が好きな方はこんなチケットもおすすめ