「さるフェス」は、マンガ家しりあがり寿の事務所が主催する社内ロックフェスティバル。2009年より一般公開イベントとなってから、毎年1月に新宿LOFTで開催。「さるフェス」とは、プロミュージシャンからマンガ家たちやテクニック無視の驚異の素人まで幅広く参加するフェスである。2018年1月には、「さるフェス」10周年記念の大新年会が開催される。10周年記念としてスペシャルなカレーでおもてなしされ、スペシャルな人々が集結するフェスとして注目である。2017年にはアイハラミホ。、あヴぁんだんど、アホマイルド、あんじゃいはぢめ 安齋肇、ウィリアム・H・メイシーズなど、しりあがりとゆかりのあるマンガ家をはじめ、俳優やミュージシャン、芸人と、幅広い人々が出演し盛り上がった。10周年記念となるスペシャルなフェスを楽しんでいただきたい。

しりあがり寿(さるフェス)の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

しりあがり寿の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

しりあがり寿のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 18:00更新)

「さるフェス」について

「さるフェス」」の魅力とは

「しりあがり寿」は、毎年1月に有限会社さるやまハゲの助が主催し、漫画家をはじめ幅広く集結した人たちで賑わうフェスとして注目されている。しりあがり寿は、死や人生をテーマとした作品を描く漫画家。2000年には「時事おやじ2000」、「ゆるゆるオヤジ」、2001年には「弥次喜多in DEEP」で賞を受賞。彼の事務所が主催する2009年から始まったフェスは、毎年多く人に楽しまれている。

2016年のフェスはテーマを「工場」とし、ロックフェスを標榜しながら寸劇、音楽、落語、漫才など10数時間続いた狂騒の一夜となった。出演は歌謡曲パワフルパフォーマーのアイハラミホ。電子アイドル歌謡の御当地アイドル!! のキンジョリーナ♡、手品の顔田顔彦、落語の三遊亭兼好、紳士の嗜むおしゃれな茶番劇など多数参加してフェスを盛り上げた。

2017年のフェスはテーマを「マンガ家と劇作家が贈る奇跡のロックフェス」とし、ロックフェスを標榜しながら寸劇、音楽、手品など取り入れたフェスで賑わった。また、一夜限りの限定ユニットとなる劇団さるフェスには、アホマイルド、開幕ペナントレース、澤田育子、少年王者舘などが参加。イベントの随所で、映画「イージー・ライダー」にちなんだパフォーマンスを披露した。音楽以外も楽しめる企画満載のフェス。ぜひともフェスへ足を運んで楽しい時間を満喫していただきたい。

しりあがり寿(さるフェス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ