Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)は、小さい頃からバレエやジャズ・演技を学び、13歳でデビュー。ミュージカル女優として成功をおさめただけでなく、現在はソロ歌手として活躍している。彼女の至高のソプラノは世界中から愛され異なるジャンルの歌手たちとの共演は話題を呼び、テノール歌手のアンドレア・ボチェッリとのデュエット「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」は世界的な大ヒットとなった。今や世界的な歌姫であるサラ・ブライトマン。ファンならば、生で彼女の美声を体感できる来日公演を逃す手はない。チケットは争奪戦となること必死のサラ・ブライトマンチケットは確実に手に入れておきたい。

サラブライトマンの日程

367人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

サラブライトマンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

サラブライトマンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 12:00更新)

サラ・ブライトマン Live情報

サラ・ブライトマンのライブの魅力とは

サラ・ブライトマンは幼い頃からバレエや演技を学び、その才能を開花させていった。1981年にはミュージカル『キャッツ』の初演にジェミマ役で出演した。以降、ミュージカル女優として活躍し、特に『オペラ座の怪人』のクリスティーヌ役(オリジナルキャスト)でサラの名は一気に有名なものとなった。 90年代に入ってからはソロ活動に専念し、トータルでは20枚のソロ・アルバムを発表している。クラシックとポップスの間の垣根を取り払い、一つの音楽として新たにジャンルを確立した。

本来ソプラノ歌手であり、その歌唱力は圧倒的。サラ・ブライトマンのポップス歌手ではなかなか実現できない音域とビブラート法は、全てこれまでの幅広い音楽活動と学習の賜物だろう。そこに天性の透明感とクラシック=ポップス・クロスオーバーの才覚を兼ね備えているのだから、一般的なアーティストと一味違ってくるのは当然だ。オペラ的な発声とポップス的な発声を使い分け、その曲その曲に合った違和感のない歌声を生み出しているのも見事。 いかにも歌姫サラ・ブライトマンといった演出が多く、大抵はサラの美しさ(歌声も外見も)を十分に引き出すような舞台が用意されている。オーケストラ、バンド、合唱を率いて歌う姿は圧巻。

2013年には6度目となるサラ・ブライトマン来日公演も実現した。2010年の来日ではサラ・ブライトマンのチケット即日完売、4万人を動員したが、今回はそれをさらに上回る延べ5万人動員を達成した。6都市で公演を行ったがチケットは全会場即完売だった。交通手段などの都合もあるだろうが、どうしてもコンサートに行きたい場合は会場を選ばず、取れる席を取ったほうが確実だろう。

サラブライトマンが好きな方はこんなチケットもおすすめ