早乙女太一とは大衆演劇の劇団に所属し、舞台を中心に女形として絶大な人気を集める役者。およそ男性とは思えない妖艶な姿で多くの演劇ファンを唸らせてきた、その話題は当時演劇だけに留まらず全国的にも大きな注目を集める存在となる。その要因の1つがマスコミに取り上げられ付けられた「流し目王子」の異名である。美しさと圧倒的な演技力を兼ね備えた彼は演劇界で大きな存在となり、さらに2003年に公開された北野武監督映画「座頭市」へと出演し存在感を露わにしその後は役者として以外にも多彩な活動を繰り広げている。2013年にはモデルの西山茉希との結婚を発表、公私共に話題を呼んだ。彼の存在は日本の伝統芸能である大衆演劇の活性化など非常に大きな力を生み出しており、特に演劇界では国内を代表する役者と言っても過言ではない。

早乙女太一の日程

620人が登録中

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

早乙女太一のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/18 00:00更新)

早乙女太一について

早乙女太一の魅力とは

早乙女太一とは「流し目王子」の異名で大衆演劇界だけでなく全国的に知名度を急上昇させた演劇界でも大きな存在感を光らせる俳優。福岡県に生まれ、劇団員として活躍していた両親のもとに育った彼は幼い頃から役者としての道を歩んでいた。1995年には4歳にしてステージへと上がり、その幼い身ながら天才的な才能を見せつける彼に多くの著名人が彼に注目を寄せていた。後に映画にも出演することになるビートたけしもその1人であり、彼の映画デビューは北野武監督の映画「座頭市」。その頃には世間でも徐々に指名度を上げている頃で、彼の姿は全国的へと広まっていく。同時にメディアへの出演も増えていき、バラエティ番組、NHK紅白歌合戦など時代を象徴する活躍を見せている。女形として演劇ファンを虜にしながら、素顔もまた切れ長の目に艶のある表情を見せ女性を中心にファンを獲得。さらに写真家として有名な篠山紀信もその表情に魅了されたという。当時は彼の出演する劇場に予約の電話がひっきりなしに掛かってくるなど大きな反響を呼んでおり、時には反響が大きすぎたせいで混乱する様子も見られたほど。役者としての演技力だけでなく、その存在感そのものが大きな力を持つ不思議な魅力に取りつかれている俳優である。

早乙女太一が好きな方はこんなチケットもおすすめ