三遊亭好楽は、日本の落語家。人気番組「笑点」のレギュラーメンバーであり、ピンクの着物に身を包む三遊亭好楽は、誰もが目にしたことのある存在だろう。1966年に8代目林家正蔵(後の彦六)に入門し、林家九蔵を名乗る。1979年に33歳で「笑点」レギュラーに抜擢され、35歳で真打に昇進した。落語家としては順風満帆かと思いきや、不遇な時代も送ってきた波乱万丈な人生がある。その後、師の彦六が亡くなり、5代目三遊亭圓楽一門に入り、5代目三遊亭圓楽一門となった。その際に現在の「三遊亭好楽」改名し、これを機に「笑点」を卒業。4年半ほど時期をおいて、1988年に再び「笑点」に復帰した。その後は30年以上もの間「笑点」で活躍をし、国民的落語家として名を知らせた。人気落語家三遊亭好楽のライブは、その人柄を存分に感じられるだろう。是非一度訪れてみてはいかがだろうか?

三遊亭好楽の日程

65人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

三遊亭好楽のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

三遊亭好楽について

三遊亭好楽の魅力とは

人気番組「笑点」の大喜利メンバーとして活躍中の三遊亭好楽。おなじみのピンク色の着物を身にまとう三遊亭好楽は、もはや国民的落語家といっても過言ではない。もともと林家九蔵を名乗っていた三遊亭好楽は、1979年に33歳という若さで「笑点」レギュラーに抜擢され、35歳で真打に昇進した。落語家としては順風満帆かと思いきや、前座時代は酒での失敗を繰り返し、不遇時代を過ごすなどの波瀾万丈な人生を送ってきた。「改名を機に卒業」との名目で一時期「笑点」を降板したが、その時期は仕事が激減。自宅に引きこもり状態になり、毎日酒浸りになったようだ。そんな時に妻に「ずっと家に居ないで、たまには外出してみたら」とアドバイスをもらったことで草野球をはじめるなど、何事にもアクティブになれたようだ。その後三遊亭好楽は、妻に感謝を忘れずに、落語家としてやり直そうと復活をとげたのだ。

そんな三遊亭好楽は、最近では「貧乏ネタ」「暇ネタ」などの自虐ネタで他のメンバーからイジられている。2016年5月に獲得した座布団10枚の豪華賞品は、有効期限が死ぬまでの「日テレ社員食堂無料券」というなんとも素朴な賞品。これに対し、歌丸師匠から「アンタは一生食うに困らないでしょ!」と返されるなど、笑点のメンバーからも愛されるキャラクターとして人気を博した。三遊亭好楽のあたたかい人柄があふれる公演は、人気公演ばかりでチケットはソールドアウト続出。人気公演ははやくにチケットをゲットしておきたいところだ。

三遊亭好楽が好きな方はこんなチケットもおすすめ