ウエアハウス Small Room取扱中!佐野瑞樹は、2014年に最年長ジャニーズJr.と大きな注目を集めた俳優である。もともと俳優として活躍していた彼が、40歳を迎えた際に大きな注目を浴びた。ジャニーズ事務所へと入るのは1991年の頃。現在もジャニーズグループとして活躍するV6Kinki Kidsなどのバックダンサーを務めた後、舞台役者として活躍を始める。自身の実の弟である佐野大樹と組んだユニットWBBとしても活動しており、共に舞台を中心とした俳優として高い実力を披露している。2016年にはジャニーズJr.の卒業を発表し話題に。現在は以前と変わらず俳優活動を続けている。40歳を過ぎ程ながらも非常に若々しいルックスを持っており、役者としての実力と相まって根強い人気を獲得してきた。

ウエアハウス Small Room

27人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

佐野瑞樹のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/22 12:00更新)

佐野瑞樹について

佐野瑞樹の魅力とは

佐野瑞樹は2016年にジャニーズJr.を卒業した俳優。卒業を発表するまでは「40代にしてジャニーズJr.」と一部で話題にあがるほど注目を受けていた。その事実には本人すらも驚くほどで、卒業の際には舞台で自らファンへと発表している。ジャニーズJr.には独特の卒業システムが存在。CDデビューと個人、ファンクラブ設立が卒業の条件となっている。そのため、これまでグループに所属するわけでもなく楽曲を発表するわけでもなかった彼はその機会がなかった。長らく役者として活動してきた彼は「ジャニーズJr.」の肩書の存在をほとんど忘れていたという。

自身初となるテレビ出演は事務所の先輩である中居正広が主演を務めた1995年のドラマ「味いちもんめ」。その後度重なるドラマ出演と舞台出演で実力派俳優として大きな力を蓄えることに。実弟とのユニット・WBBでは、出演だけでなく演出も手がけ、役者だけでなく制作側としても高い実力を発揮している。アイドル事務所へと所属するほどのルックスは40歳を迎えてもなお変わらず、人気ドラマシリーズ「花ざかりの君たちへ」では彼をモデルにした人物が登場している。ルックス、実力、話題性を兼ね備えた実力派俳優と言っても過言ではないだろう。

佐野瑞樹が好きな方はこんなチケットもおすすめ