「ほんに今夜は節分か・・・こいつぁ春から縁起がいいわえ」とは、『三人吉三』の中の名台詞。歌舞伎ファンはもちろんのこと、演劇ファンでも聞いたことはあるでしょう。その『三人三吉』がシアター・コクーンで三度目の上演をします。こちらは、そのチケットのご案内になります。コクーン歌舞伎とは、古典ものを分かりやすい新演出で上演される公演です。始まりは1994年、十八代目中村勘三郎、三代目中村橋之助などでスタートしました。今年は20周年を迎える記念すべき年でもあります。今回、三吉を演じるのは、中村勘九郎(和尚吉三)、中村七之助(お嬢吉三)、尾上松也(お坊吉三)という歌舞伎界のホープたち。まさに20周年にふさわしい顔ぶれと言えるでしょう。『三人三吉』は1860年に、江戸市村座で初演を迎えます。以降、若干の手直しが入り、現在の形になってからは、歌舞伎演目の中でも代表的な作品とされ現在に至ります。物語は、三人の三吉(きちざ)が偶然出会い、義兄弟の契りを交わすも、名刀「庚申丸」と「百両の金」を巡って、様々な人が織りなす悲劇の連鎖が渦巻き、思いもよらない結末を迎えます。

三人吉三の日程

10人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

三人吉三の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

三人吉三のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 12:00更新)

三人吉三 について

演出は、コクーン歌舞伎旗揚げ時より、ずっと携わっている串田和美氏、「第二次コクーン歌舞伎が始まります・・・世間からはじき出された人たちの物語を作りたい」と語っていました。『三人三吉』のチケットは、こちらになります。

三人吉三が好きな方はこんなチケットもおすすめ