超高速!参勤交代 リターンズ」は、弱小貧乏藩が知恵と工夫で参勤交代に立ち向かう、同名の時代劇コメディ映画の続編である。前作でようやく江戸への「参勤」を終えた湯長谷藩だったが、藩に帰る「交代」が残っていた。しかし故郷で一揆が起きたという知らせを受け取り、彼らはさらに超高速!で帰らなければならなくなった!老中・松平信祝の軍は1000名、対する湯長谷藩はたったの7名(+1匹)。果たして奪われた城を取り戻し、藩に平和をもたらすことができるのだろうか。佐々木蔵之介、深田恭子、上地雄輔、知念侑李(Hey! Say! JUMP) 、陣内孝則ら前作でおなじみのキャスト陣が再び戻って来る!

超高速!参勤交代 リターンズの日程

401人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

超高速!参勤交代 舞台挨拶の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

超高速!参勤交代 舞台挨拶のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

超高速!参勤交代 リターンズについて

超高速!参勤交代 リターンズの魅力とは

「超高速!参勤交代 リターンズ」は、実在の湯長谷藩を舞台として、弱小貧乏藩が知恵を振り絞り、参勤交代に挑む姿を描いた映画作品。この脚本は審査員オール満点で、第37回城戸賞を受賞している。さらには2014年に映画化されると、第38回日本アカデミー賞、第57回ブルーリボン賞作品賞も受賞するなど、ここでも高い評価を得ている。

参勤交代とは

参勤交代とは何百〜何千もの家来を従えて江戸と国を行き来するもの。制定したのは徳川家光であり、武家諸法度の寛永令に書かれている。実は1番の目的は大名の力を弱めることにあった。妻と子供は人質として江戸に住む必要があり、常に幕府の監視下に置かれることになっていた。江戸に行く費用と滞在費は莫大なものであり、負担はかなり大きかった。なんとその行列にかかった費用は、現在の金額でいうと五億円とも言われている。なかには3000人規模で参加したり、距離が遠い故に1ヶ月かかったりする藩もあった。参勤する日数がかかるほど、その費用も増えてしまう。そのため日数を節約するために、1日で約40キロも歩いた藩があるという記録も残っている。

超高速!参勤交代 リターンズの見どころ

そんな参勤交代をテーマとした、痛快歴史コメディ映画「超高速!参勤交代」の続編の公開が決定。前回より、さらに超高速になって戻ってきた?!金なし・人なし・時間なしの3大なし…と思いきや故郷に帰り着くも城が乗っ取られており、さらには帰る場所もない。湯長谷藩が「参勤」を終えたのもつかの間、今度は2日以内に帰郷しなければならなくなる。果たして彼らは無事に「交代」し、藩の危機を救うことができるのだろうか。湯長谷藩が実在した福島県いわき市でのロケと、新たなスケールで贈る「超高速!参勤交代 リターンズ」に乞うご期待!

超高速!参勤交代 リターンズが好きな方はこんなチケットもおすすめ