戦国時代最後の名将・真田幸村(真田源次郎信繁)を主人公とした、NHK大河ドラマ「真田丸」。意外にも大河ドラマで、彼が主人公となるのは今回が初めてとなっている。三谷幸喜が「新撰組」以来2度目の脚本を手掛け、主人公・真田信繁役に堺雅人を抜擢。他にも父・昌幸を草刈正雄、兄・信之を大泉洋、姉・松を木村佳乃が演じるなど実力派揃いのキャスト陣が真田丸を創り上げる。かつて徳川家康を大阪夏の陣で追いつめ、「日本一の兵(つわもの)」と称されている真田信繁。激動の戦国時代を家族と共に生き延び、失敗を繰り返しながらも成長し続けた姿を描いた「真田丸」にどんな結末がまっているのか注目したい。

真田丸の日程

25人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

真田丸のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

大河ドラマ 真田丸について

真田丸の魅力とは

「真田丸」は、2016年1月に放送が開始されたNHK大河ドラマである。
戦国時代最後の名将・真田幸村(真田源次郎信繁)の物語で、大河ドラマで主人公となるのは今回が初めてとなる。
脚本は三谷幸喜で、2004年放送時に社会現象となった、香取真吾主演の同枠大河ドラマ「新撰組」以来、2度目。キャストは、主人公・真田信繁役に堺雅人、その他草刈正雄、大泉洋、木村佳乃など実力派揃いとなっている。

かつて戦国時代の三大名将の一人、徳川家康を大阪夏の陣で追いつめたとされ後世で「日本一の兵(つわもの)」と称されている真田信繁。
信濃の一領主でしかない真田家は決して大きな力を持っているわけではなかった。天才の父・昌幸や秀才の兄・信幸らの勘と武略を頼りになんとか生き抜いてこれたのは家族を思う気持ち、家族愛があったからだろう。
その故郷の家族と共に、彼らを目標に追いつくために失敗を繰り返しながら、どんな窮地に立たされても決して諦めずに成長していく信繁の姿や、戦国時代最後にして最強の砦とされ家康を苦しめた「真田丸」を作り上げるまでの人生が描かれている。
激動の戦国時代において、今もなお人々に愛されている真田幸村のもうひとつの伝説は見逃せない。

真田丸が好きな方はこんなチケットもおすすめ