カメラータ ザルツブルクは、オーストリア ザルツブルクの室内オーケストラである。1952年にオーストラリアの指揮者で、モーツァルテウム音楽院の院長でもあったベルンハルト・パウムガルトナーが創立した。1959年にパウムガルトナーがザルツブルク音楽祭の総裁に就任するとカメラータ・ザルツブルクは急速に活動を活発化。ヘルベルト・フォン・カラヤンの師でもパウムガルトナーという優秀な指揮者の元、数多くのレコーディングを行っている。その後、1978年にはハンガリーのヴァイオリニスト シャーンドル・ヴェーグが芸術監督に就任すると多くの才能ある学生が集まり、カメラータ・ザルツブルクは黄金期を迎えることとなった。

カメラータ ザルツブルクの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

カメラータ ザルツブルクについて

カメラータ ザルツブルクの魅力とは

オーストリア ザルツブルクの室内オーケストラ カメラータ ザルツブルク。1952年創立当時のメンバーはモーツァルテウム音楽院の教授と学生で構成されていた。1959年にパウムガルトナーがザルツブルク音楽祭の総裁に就任するとカメラータ・ザルツブルクは急速に活動を活発化。ヘルベルト・フォン・カラヤンの師でもパウムガルトナーという優秀な指揮者の元、数多くのレコーディングを行っている。その後、1973年までスイスのウルス・シュナイダーが芸術監督を務め、1974年から1977年まで3年間、イタリアのチェリスト アントニオ・ヤニグロが同じく芸術監督にあたっている。
更に1978年にはハンガリーのヴァイオリニスト シャーンドル・ヴェーグが芸術監督に就任すると多くの才能ある学生が集まり、カメラータ・ザルツブルクは黄金期を迎えることとなった。イギリス人 指揮者ロジャー・ノリントンが首席指揮者に就任すると36名の室内オーケストラとして改編。ギリシャ人ヴァイオリニストのレオニダス・カヴァコスなどと共演を果たしている。2016年には日本での公演が実現。ヴァイオリニスト 堀米ゆず子と共にモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲」全5曲を演奏する。

カメラータ ザルツブルクが好きな方はこんなチケットもおすすめ