SALU(サル)は、トイズファクトリーに所属している北海道生まれ神奈川県在住の男性ラッパーである。SALU(サル)は父の影響で音楽と出会い、ラップを書き始めたのは14歳の頃だった。その後、20代に入って本格的にラップを始め、ヒップホップMCのSEEDAと出会い、共演を果たす。この共演がきっかけで、音楽プロデューサーのBACHLOGICが以前所属していた事務所ONE YEAR WAR MUSICを作ったという過去がある。20歳の頃には、シンガポールでラーメン屋の店長を務めた経験もあるという。デビュー前から様々なメディアを通じて話題となり、高い評価を得ていたSALU(サル)は、今後も数多くのファンを魅了してくれるに違いない。そんな彼の活躍に、期待が高まるばかりだ。

SALU(サル)の日程

110人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

SALUのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/18 18:00更新)

SALUについて

SALUの魅力とは

SALU(サル)は、2012年3月に1stアルバム「IN MY SHOES」を発表し、シングル「THE GIRL ON A BOARD」が日本最大の音楽番組チャンネルの「スペースシャワーTV」でパワープッシュを獲得する快挙を果たした。同年4月には、MTVの「MTVラボ」でメインMCを務めた。1stアルバム発表後、初ワンマンライブのチケットが全て売り切れるなど人気が高まる中、2013年2月にトイズファクトリーからメジャーデビューを果たす。同年3月には、MTVの「」VMAJ 2013 ""The Girl On A Board」で、最優秀新人賞にノミネートされた。

SALU(サル)は、自身の内面にフォーカスした歌詞と鼻にかけた歌い方が魅力的である。SALU(サル)の登場は、ニュータイプのサブカルラッパーとしてラップ界に衝撃を与え、それはZeebraを超すほどだとも言われている。一見、ラッパーとは思えない見た目だけでなく、自分の過去や外見、地位など表面的なことにフォーカスして表現する他のラッパーとは違う歌詞が、多くのファンの心を掴んでいる。実際に、ラップの曲があまり好きではないが、SALU(サル)の曲を聴いてはまったという人もいるほどだ。そんな多くのファンを魅了するSALU(サル)のラップを、ぜひライブで体感してほしい。

SALU(サル)が好きな方はこんなチケットもおすすめ