佐久間一行は茨城県水戸市出身のピン芸人である。茨城県立勝田高等学校出身。吉本興業東京本社所属。東京NSC2期生。R-1ぐらんぷり2011優勝者。中学生の時に転任する先生のお別れ会で一発ギャクがウケたことが芸人を目指すきっかけとなった。衣装は自作のTシャツ、手ぬぐい、ジャージである。Tシャツには彼の地元のダイダラボウという巨人のデザインがある。毎年の夏の単独ライブでデザインが変わることで物語が展開されている。この衣装になったのは、過去に手ぬぐいをかぶって田植えのコントをした時の姿が周りの芸人達に好評で、衣装を田植えをしているような格好にした。その後、地味な色合いを明るくして手ぬぐいを頭から首に巻くことで今のスタイルになった。

佐久間一行の日程

135人が登録中

すべての公演 出品中 (67) リクエスト中 (4)

もっと見る(52件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

佐久間一行のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/25 12:00更新)

佐久間一行について

佐久間一行の魅力とは

佐久間一行はネタやステージ衣装などを全て一人で作り上げるお笑い芸人である。誰も傷付けない優しいコントが好評を博して、さっくんという愛称で呼ばれている。その彼のコントは彼の愛情が詰まった作品になっている。内容自体もそうではあるが、そのコントに使う小道具まで自作している。なので彼のコントは統一性があり、芸人である彼の想いが込められている。彼のコントはリズムを大事にしており、独特なテンポのままシュールな言葉や状況を入れ込むことで笑いを作り出している。また見た目のインパクトも重視したコスチュームなどでその笑いどころを増やしてくれる。そして独特な画風の絵をTシャツやコントなどで使用しているが、これが彼のキャラを盛り立てている。そのままの彼自身の印象は強くは無いのだが、その絵があるだけで芸人らしく変わった雰囲気を醸し出す。また彼のトレードマークの手ぬぐいは年々色が変わっていっている。数百枚の手ぬぐいを持っており、そのほとんどがファンの贈り物である。長い下積み時代の間にしっかりとファンとの触れ合いを大事にしてきたことがうかがえる。こんな佐久間一行と直接触れ合えれば、丁度いい笑いとほっこりと温かい気持ちになれるだろう。

佐久間一行が好きな方はこんなチケットもおすすめ