坂田おさむは、北海道旭川市出身のシンガーソングライター。1985年から1993年までの8年間、NHK教育の番組「おかあさんといっしょ」で7代目「うたのおにいさん」を務めた。8年間というのは、うたのおにいさんの中では11代目の横山だいすけに次いで2番目に長い記録である。うたのおにいさんになるきっかけとなった曲「はるのかぜ」をはじめ、現在に至るまで「坂田修」の名で子供番組を中心に多数の曲を提供している。中には小学校用の音楽教科書に採用された曲もあるほどだ。うたのおにいさんを卒業してからも楽曲提供やコンサートのゲスト出演などで度々出演しており、ファミリー層を中心とした人気がある。聴くだけで元気になれる彼の楽曲にはこれからも期待したい。

坂田おさむの日程

3人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

坂田おさむのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 12:00更新)

坂田おさむについて

坂田おさむの魅力とは

坂田おさむは、「うたのおにいさん」としてよく知られている北海道旭川市出身のシンガーソングライターだ。1977年に「bye-bye東京」でシンガーソングライターとしてデビューを果たし、1985年からはNHK教育番組「おかあさんといっしょ」で7代目の「うたのおにいさん」に就任。8年もの間番組に出演していた。親子3世代ファミリー層を中心に絶大な人気を博しており、作詞家・作曲家としても活躍している。シンガーソングライターとしての実力は番組でも活かされ、楽曲提供だけでなく歌のコーナーでギター弾き語り形式で歌うことも多々あった。

また子供番組中心のテレビ出演のほか、コンサートや舞台などで幅広く活躍している。2002年にNHKの番組「みんなのうた」で歌唱した「ママの結婚」は大きな反響を呼び、CD付き絵本は初版1万5,000部が約2ヶ月でほぼ完売するなど大ヒットを記録した。そして、2017年9月にはサンシティホールで行われる、第23回「歌ってキンコン館!」に出演。これからも子供から大人にまで愛される歌声を披露し続けてほしい。

坂田おさむが好きな方はこんなチケットもおすすめ