SAKANAMON(サカナモン)は3人組のロックバンドである。バンド名は「聴く人の生活の肴になるような音楽を作りたい」という想いを込めて名付けられた。結成は上京してきた藤森元生が専門学校の同級生である森野光晴との出会ったことによる。2009年には木村浩大が加入今のメンバーとなる。2010年にタワーレコード主催のオーディションで選ばれて期間限定CDが全国発売される。同年にファーストミニアルバム「浮遊ギミック」をリリースし、イベントやライブでのチケット完売が続くなど人々の注目を集めた。2012年ビクターエンタテインメントのレーベルGetting Betterよりファーストアルバム「na」でメジャーデビューした。その後も続々と作品を世に送り出している。

SAKANAMON(サカナモン)の日程

343人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

SAKANAMONのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/25 06:00更新)

SAKANAMONについて

SAKANAMONの魅力とは

清々しい音楽を届けてくれるSAKANAMON。その曲調も声も優しい響きを持っているがこのバンドの真骨頂はその独特な雰囲気にあるだろう。その雰囲気を作るのに一番貢献しているのが歌詞だ。「聴く人の生活の肴になるような音楽を作りたい」というコンセプトをしっかりと守った歌詞になっている。現代社会に溢れる不満や矛盾を一時の間だけでも解放できるようにこの歌は作られているのだろう。なので、静かな曲の中には激しい情動が込められている。ガツンと来る音楽で激情を表した音楽もいいが、このように優しく聴ける歌もいいものである。生活の一端を担う歌としては実に心地の良いものであるだろう。そしてPVも独特であり、わざわざ曲を中断してまでゆとりを持った映像を届けてくれる。

またその優しい声は特徴的であり、胸がすくような調子をもっている。彼らの伝いたい想いが届いてくる。全体の音楽もスタイリッシュでストレートに心に響いてくる。何も阻むものが無い音楽は実に清々しいものなのだ。そんな清々しい音楽をライブで聴いたなら観客の心もスッキリとするはずだ。ライブハウスやイベント会場という憩いの場で彼らの音楽によってリフレッシュしてみるのもいいだろう。彼らもそんな観客を待ちわびているはずだ。

SAKANAMON(サカナモン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ