サカナクションは2007年デビューの男女5人組のバンド。浮遊するような感覚の独特のリズムとメロディ。バンド名は「魚」と「アクション」の単語を組み合わせた造語。山口一郎はインタビューで、ひねくれたこと・いい意味でふざけたことをやりたく、バンド名にはあまり用いられない「サカナ」を入れた。ボーカル山口の声は非常に魅力的で、重なり合う楽器の音が融和し、サカナクションの世界となる。その完成度の高い音楽は、PVにおいてもいかんなく発揮され、個性的な世界観で作りこまれた音と映像に、いつのまにかサカナクションの世界に吸い込まれてしまう。シングル「新宝島」は映画『バクマン。』の主題歌として起用され映画音楽を担当するのはサカナクションの活動上初であった。ライブではその表現にさらなる磨きがかかっていて彼らのパフォーマンスは必見。

サカナクションの日程

13,082人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

サカナクションのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/25 06:00更新)

サカナクションについて

サカナクションの魅力とは

サカナクションは、2005年に北海道で結成されたバンド。名前の由来は、「魚」と「アクション」を組み合わせたオリジナルの造語と言われており、変化を恐れずにやっていくという意味が込められている。メンバーは、山口一郎(Gt&Vo)、岩寺基晴(Gt)、草刈愛美(Ba)、岡崎英美(Ky)、江島啓一(Dr)の5人から構成されている。バンドを結成後は、札幌を中心にライブ活動を行い、翌年には現メンバーのバンド構成となっている。

サカナクションは、結成当時からライブチケットの人気が高く、翌年メジャーデビューを果たすと、その年にはサマソニに出演するなど高い人気を集め、今では地上波の音楽番組やドキュメンタリー番組などにも多数出演している。

サカナクションの代表曲は、「新宝島」「スローモーション」「三日月サンセット」「ミュージック」等があげられている。エンタテインメントとアンダーグラウンドの中間を射抜いている音楽で独特な世界観を演出している。メンバーの山口一郎は「自分は音楽と結婚している」と公言しており、曲作りや音楽に全て捧げていることからサカナクションの完成度がよく伺える。サカナクションのライブチケットは即完売になる前に是非入手したいところだ。

サカナクションが好きな方はこんなチケットもおすすめ