劇団桟敷童子は1999年に結成した劇団である。劇団名の「桟敷童子」は日本に古くから伝わる魔物「座敷わらし」から命名。子供や純粋な心を持った大人にしか見えず、見た者には幸運が訪れるという座敷わらし。劇団桟敷童子は、何より自分達自身が純粋な信念で芝居作りをし、「劇場を訪れる全ての人々に見え、そして全ての人々の心に存在すること」を目指しており、自分達が追い求める納得のいく風景を実現させる為、1週間から半月ほどの時間を費やし劇団員自身で舞台セットを組み、風景を作り上げることで知られている。代表は劇作家、演出家でこれまで様々な賞を受賞し第41回博多町人文化勲章も受章した東 憲司が務めている。

劇団桟敷童子の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

劇団桟敷童子について

劇団桟敷童子とは

1999年に結成した劇団桟敷童子。劇団名の「桟敷童子」は日本に古くから伝わる魔物「座敷わらし」から命名。子供や純粋な心を持った大人にしか見えず、見た者には幸運が訪れるという座敷わらし。劇団桟敷童子は何より自分達自身が純粋な信念で芝居作りをし、「劇場を訪れる全ての人々に見え、そして全ての人々の心に存在すること」を目指している。
劇団桟敷童子では、自分達が追い求める納得のいく風景を実現させる為、1週間から半月ほどの時間を費やし劇団員自身で舞台セットを作ることで知られている。

代表を務めるのは劇作家、演出家の東 憲司。凝った舞台美術と、自らの生まれ育った炭鉱町や山間の集落などをモチーフにした骨太な群像劇が特徴で、日本の演劇シーンの中で異才を放つ存在となっている。2012年に発表した「泳ぐ機関車」では第47回紀伊國屋演劇賞個人賞、第20回読売演劇大賞優秀演出家賞、第16回鶴屋南北戯曲賞をトリプル受賞。テレビ脚本「めんたいぴりり」は第30回ATP賞、第51回ギャラクシー賞奨励賞、日本民間放送連盟賞、テレビドラマ番組部門優秀賞に輝き、第41回博多町人文化勲章も受章、これは福岡県のみの放送であったが後に全国放送されることとなった。

劇団桟敷童子が好きな方はこんなチケットもおすすめ