斉藤麻里は、ストリート仕込みの歌唱力でパワフルに活動するシンガーソングライター。2003年にゲームのエンディング曲「素直に包みたい」でデビューを果たす。彼女のサウンドはストリートで培った力強い歌声と女心を的確に表現した言葉で、爽やかに歌うのが特徴。2004年のミニアルバム「バイバイ」発売以後も楽曲を作り続け、2009年には事務所を離れてフリーで活動するようになる。2012年12月には「君がいなきゃ世界はまるで意味を成さないんだ」をリリース。47都道府県ツアーを決行した。2017年5月には2年4ヶ月ぶりとなるアルバム「KIBOU」をリリース。同年同月にはアルバムを引っ提げて14周年記念ライブを開催。同年8月にはバンドSMOKY&THE SUGAR GLIDERを結成し活動を開始している。ソロ、バンドと精力的に活動をしている彼女から目が離せない。

斉藤麻里の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

斉藤麻里について

斉藤麻里の魅力とは

フリーでパワフルに活動し、ノートとペンを常に携帯する天性のシンガーソングライター斉藤麻里。歌うきっかけとなったのは、高校1年の夏。先輩のストリートライブを見て衝撃を受けてからである。父のギターを手に取り自ら歌うようになり、細い体から発しているとは思えない力強い声と彼女の歌詞で魅了し現在に至る。音楽への想いなどから事務所を去り、フリーで活動を始めた。2012年には渋谷O-crestで230人を動員。2013年には渋谷O-WESTで500人を動員し、自らの手で プロデュースしワンマンライブを成功させている。2015年の1月には一番大きい会場にてワンマンライブを大成功に収めた。

現在も楽曲制作はもちろん、 イベントも積極的におこなっており、大規模なワンマンライブを自身でプロデュースし成功させるなど注目を集めているアーティストの1人である。2010年のシングル「アマレットジンジャーは好きですか?」を始めとして楽曲を作り続け、現在の「KIBOU」に至る。「KIBOU」は杉浦琢雄をプロデューサーに迎え、良質な音にこだわった仕上がりとなっている。年間150本以上のライブやラジオパーソナリティなど多岐に渡りパワフルに活躍する彼女に今後も注目したい。

斉藤麻里が好きな方はこんなチケットもおすすめ