大阪公演 (5/22 フェスティバルホール) 斉藤和義のチケット(出品2枚)を取り扱い中です。 最近の斉藤和義のライブではやさしくなりたいやずっと好きだった、そして歩いて帰ろう がよく演奏されているようです。 お笑い専門のなんばグランド花月をはじめ、大小さまざまな会場が存在する大阪。音質がよく有名アーティストのライブが多数開催されている、なんばHatchや心斎橋FANJ。また、演劇やミュージカル、オペラなどのさまざまな公演を楽しめる梅田芸術劇場のほか、人気アーティストのコンサートや競技会などにも利用されている近畿最大のホールである大阪城ホールなどもあります。チケット到着まで代金は運営預かりだから安心!オークションや掲示板より簡単。

斉藤和義の日程

4,796人が登録中

枚数

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

斉藤和義のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/22 00:00更新)

斉藤和義 Live情報

オリジナルな世界観、空気感が魅力!斉藤和義のライブとは

斉藤和義は、長らくトップシーンには姿を見せていなかったが、代名詞ともなった「ずっと好きだった」で、再ブレイク。多くの経験値や曲作りのテクニックを学んだ後に、再び音楽シーンのトップに返り咲いた斉藤和義だが、やはり彼の実力は折り紙付きのもの。普段から蓄え続けたメロディーやフレーズを融合させるため、1曲作る度に山ごもりのような合宿を張る。テクニックの上手さだけでなく、わざと音を外してみたり、ギターをだらしなく弾いてみたりする「表現力」は日本の他のアーティストにはなかなか真似できないもの。ライブでは彼の実力をフルに堪能することができ、同じ曲でもライブごとに顔色を変えさせる斉藤和義には「生もの」的魅力すらある。

彼の一瞬のひらめき、アイデア、瞬発力はランダムなもので、同じセットリストだとしてもその日のライブだけの特別な一曲が仕上がっていく。純粋に音を極め続けた斉藤和義だからこそ、彼のサウンドには多くのファンがチケット代を払い、老若男女を熱狂させていく。斉藤和義の空気感や、雰囲気は当日になってみないとどんなものが観ることが出来るかわからない。それだけに共にライブを作っていくような感覚をチケットを購入したファンは感じることが出来、これぞロックだと言えるのかもしれない。

斉藤和義が好きな方はこんなチケットもおすすめ