相模原納涼花火大会とは神奈川県相模原市夏の風物詩として定着している花火大会である。1951年、「情緒と水郷と鮎のまち」水郷田名の復興を願い始まった田名煙火大会が前身となり1971年から相模原市が主催者となって第1回相模原納涼花火大会として開催された。花火大会当日は会場である高田橋付近に多くの多種多様な露店が並び、約8000発の花火が打ち上げられ夏の夜空を華やかに彩る。打ち上げ場所から観客席までの距離が近いので、臨場感あふれる花火を間近で見ることができる。神奈川県内で行われるよこすか開港祭開国花火大会やあつぎ鮎まつり大花火大会神奈川新聞花火大会と並ぶ神奈川県の最大級の花火大会として有名なため、相模原納涼花火大会の有料席の人気は高い。チケット情報は早目にチェックしておきたい。

相模原納涼花火大会の日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

相模原納涼花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

相模原納涼花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

相模原納涼花火大会について

相模原納涼花火大会とは

相模原納涼花火大会は神奈川県内でも最大級の花火大会として相模原市夏の風物詩として定着した花火大会だ。
1951年に相模田名の復興願って行われた田名煙火大会が前身で、以前はお盆に開催されていたが2006年以降は8月最終土曜日に開催日が変更になっている。

相模原納涼花火大会の魅力と言えば花火の打ち上げが会場から100メートルと近い場所からなので迫力満点の花火が鑑賞できるところだ。
花火の美しさはもちろん打ち上げ時の大きな音と振動が体全体で味わえライブ感満点だ。
約8000発の花火は、早打ちと豪華な演出のスターマインが中心でテンポよく打ち上げられ迫力と臨場感のある光景で最高の盛り上がりそのままにフィナーレを迎える。
当日はエフエムさがみで特別番組を編成され次に打ち上がる花火の種類などのアナウンスがそのままラジオでも放送されるうえに交通規制情報や開催可否情報も同時に放送される。

相模原納涼花火大会は有料の観覧席が用意されており、大変な場所取りなどもせずに一番の特等席でこの8000発の花火を味わうことが出来る。
暑い夏の夜空を彩る艶やかな花火の数々をとっておきの特等席でゆったりと鑑賞してみよう。

相模原納涼花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ