竜馬四重奏 全国ツアー THE LIVE SAMURIZE取扱中!竜馬四重奏とは邦楽打楽器の仁、篠笛の翠、津軽三味線の雅勝、そしてヴァイオリンの竜馬の4人からなる日本の伝統楽器とヴァイオリンによるまったく新しい音楽ユニットである。それぞれの楽器の世界でプロ演奏者としての様々なキャリアを積んだ4人が2008年に結成、2014年にはスペイン交流400周年イべントでスペイン3都市ツアー、2015年には日本に初来日した空のF1「Red Bull Air Race」の会場での演奏などで日本のみならず海外からの注目を集めた。2016年7月27日、ポニーキャニオンからメジャーデビューアルバム「NEO ZIPANG」をリリースしアルバムリリース記念ワンマンライブも決定している。

竜馬四重奏 全国ツアー THE LIVE SAMURIZE

6人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

竜馬四重奏のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/23 12:00更新)

竜馬四重奏について

竜馬四重奏とは

竜馬四重奏は典音楽をベースにEDMやポップスなど現代音楽を取り入れた今までにないまったく新しい形のサウンドを生み出す4人組ユニットだ。
多方面で活躍し鴨川市観光大使も務めるヴァイオリンの竜馬、幼少期から津軽三味線を学び数々の賞を受賞してきた三味線の雅勝、歌舞伎役者と笛演奏家の血筋を引き国内外の舞台に出演を続ける篠笛の翠、四代続く囃子の血統を受け継ぐ邦楽囃子方で竜馬四重奏のリーダーを務める鼓の仁と世界で活躍する演奏者達のユニットでありその高い演奏力には圧倒される。
「音楽の力で人と人とを繋ぎたい、伝統楽器の響きを新しい形で伝えたい、日本人の魂を音楽にのせて世界に発信したい」という信念を軸に演奏活動を行っている。

2016年7月にリリースされたデビューアルバム「NEO ZIPANG」は竜馬四重奏のオリジナル楽曲はもちろんテクノサウンドの元祖YMOのRYDEEN」やNHKのキャンペーンソング「花は咲く」などのカバー楽曲なども収録されている。
古い型にとらわれない様々な活動を行い新しいサウンドを生み出す竜馬四重奏の和楽器とヴァイオリンのコラボレーションされたオリエンタルサウンドをライブ会場にてぜひ味わっていただきたい。

竜馬四重奏が好きな方はこんなチケットもおすすめ