緑黄色社会ライブツアー リョクシャ化計画2018取扱中!緑黄色社会は、愛知県発の男女混成バンドである。2012年に高校の同級生と幼馴染の4人で結成。2013年10代限定の音楽フェス「閃光ライオット2013」のファイナルステージまで進み、「マイルストーンの種」で準グランプリを受賞し注目を集めた。しかし、その後3年程はライブ中心の活動で自主制作のCD「ノンカテゴリ」「ラストプレゼント」「リアリズム」を会場限定で販売していた。2017年1月と8月にタワーレコード限定のミニアルバム「Nice To Meet You??」「ADORE」をリリース。同年4月にはバンド初となるワンマンライブを名古屋・大須にあるell.FITS ALLにて開催。チケットはSOLDOUTした。

緑黄色社会ライブツアー リョクシャ化計画2018

114人が登録中

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

緑黄色社会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

緑黄色社会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/25 12:00更新)

緑黄色社会について

緑黄色社会の魅力とは

緑黄色社会は、愛知県発の男女混成バンドである。バンド名の由来はボーカルの長屋が野菜ジュースを飲んでいた時、ギターの小林がなんとなしに「緑黄色野菜」と呟いた所、他のメンバーが「緑黄色社会」と聞き間違えそれがバンド名として採用された。ボーカル兼ギターは長屋春子。パワフルな声だが透明感や可愛さもある独特な歌声で歌う長屋は、タワーレコードのアパレルモデルとして活動もしている。リードギター兼ボーカルは小林壱誓。閃光ライオットで準グランプリを獲得した「マイルストーンの種」では、ボーカルを担当。またライブではMCで笑いを取るなど、バライティの才能も溢れる。楽曲の作詞は主に小林が担当している。キーボードはpeppe。ピアノを2歳から学びクラシックをよく聞いていた。また、長屋と一緒にタワーレコードのアパレルモデルとして活動している。ベースは穴見真吾。小林の幼馴染でオリジナル作品を作るうえでベースが必要だったのもあり声をかけたそうだ。閃光ライオットに出演した時は弱冠15歳であった。2017年11月から「緑黄色社会ワンマンツアー2017 東名阪さん Nice To Meet You??」を開催。東京を始め大阪・名古屋と全3公演予定している。緑黄色社会の躍進に今後も注目だ。

緑黄色社会が好きな方はこんなチケットもおすすめ