RYO the SKYWALKER(リョウザスカイウォーカー)は、レゲエミュージシャン。1974年1月生まれの大阪府出身であり、1994年にジャマイカへ渡ったことをきっかけに帰国後にDJとしての活動を開始。「現場至上主義」をリリースする。PUSHIMやNG HEADらとともに活動をし始め、活動範囲を大阪から全国に広げている。2000年7月にシングル「SUNNY DAY WALK」にてWARNER MUSIC JAPANよりメジャーデビューを果たしている。2001年8月には、プロデュースにMUMMY-Dや朝本浩文を迎え、1stフルアルバム「RYO the SKYWALKER」をリリース。2017年もさまざまな大型音楽フェスなどに参加。今後の活躍から目が離せない。

リョウザスカイウォーカーの日程

3人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

リョウザスカイウォーカーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/20 18:00更新)

RYO the SKYWALKERについて

RYO the SKYWALKERの魅力とは

RYO the SKYWALKER(リョウザスカイウォーカー)は、1994年から活動しているレゲエミュージシャンである。1991年にレゲエと出会い、1994年には本場ジャマイカを訪れ、帰国後には早速ダンスホールDJとして活動を開始している。2000年7月にシングル「SUNNY DAY WALK」にてメジャーデビューを果たすと、翌2001年8月には1stフルアルバム「RYO the SKYWALKER」をリリースし大きな反響を得ている。

2002年に入ると、5月にはCORN HEADをフューチャリングに迎えた「GUERRILLA MONSTER」をリリースし、7月にはPUSHIMをフューチャリングに迎えた「FROM DISTANCE」をリリース。今なお人気楽曲として知られている。2004年には自身のレーベルであるBUSH HUNTER MUSICを設立し、テーマとなるべきシングルとして「BUSH HUNTER」をリリース。以降もシングル作品を12枚、オリジナルアルバムを6作、ベストアルバムを2作発表しており、日本のダンスホールのレゲエシーンにおいて第一線で活躍している。今後もどのような音楽を届けてくれるのか楽しみだ。

リョウザスカイウォーカーが好きな方はこんなチケットもおすすめ