梁邦彦とは1980年代には音楽プロデューサーとして、1996年にはソロとしてデビューと飾り幅広く活躍する音楽家。学生時代からキーボードプレイヤーとして活動しており、プロデュースからサポートバンドなど活動当初から活発な音楽活動を繰り広げていた。当時は伝説的なアーティスト浜田省吾とも共演し1人のアーティストとして業界内から絶大な支持を仰ぐ人物であった。同時に香港でのプロデューサー活動も展開し、日本と同様海外からも支持を集める。ソロデビュー後もまた自身で作品を発表しながら、香港にて映画音楽やアニメ音楽など多ジャンルの音楽活動を展開していく。2002年からは韓国での活動も始めており、世界で活躍する日本を代表する音楽家の1人として君臨している。

梁邦彦の日程

4人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

梁邦彦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 18:00更新)

梁邦彦について

梁邦彦の魅力とは

梁邦彦とは音楽プロデューサー、バンドサポート、ソロ活動と様々な顔を持ちながら世界を股にかける活躍をこなす音楽家。日本国内でもトップクラスの実力と実績を持ち、特にアーティストなど業界関係者からの高い支持を得ている人物である。
2002年には韓国での活動をスタートさせ、その後10年以上に渡り韓国の音楽業界で様々な功績を残してきた。韓国内で開催されてきたいくつものミュージックフェスティバルで芸術監督を務め、2013年には韓国大統領就任式にて演奏を披露、さらにはソチオリンピックの音楽にも携わるなど韓国での音楽活動は彼の代表的な活動ともなっている。もちろん日本でも同様に音楽活動を展開しており、2016年にはソロ活動20周年となる記念アルバムを発表。日本と韓国でそれを祝した記念コンサートを開催している。
音楽の経歴は幼少期にまで遡り、6歳という若さでピアノを習っている。10代の頃にはバンドを開始、後のバンドサポートや自身の音楽へと繋がっていくが音楽活動を続けながら日本医科大学にも通い1985年から翌年の1年間は麻酔科医として働いていた異色の経歴を持つ。すぐに音楽活動を再開させ現在へと至る。彼の活動のメインの1つとなっている韓国では賞を受賞するほどの人物。音楽に隔たりは無いことを身を持って物語る貴重な音楽家である。

梁邦彦が好きな方はこんなチケットもおすすめ