RWBY(ルビー)は、アメリカの制作会社ルースター・ティース・プロダクションが作った3DCGアニメである。「RWBY」というタイトルは、4つのカラーRed、White、Black、Yellowと4名のメインキャラクターRuby、Weiss、Blake、Yangの頭文字からできている。2013年7月に配信サイト「Rooster Teeth」で配信がスタートし、2017年2月までにVolume1(全16話)とVolume2(全12話)、Volume3(全12話)、Volume4(全12話)が配信されている。科学技術と魔法が共存する世界Remnant(レムナント)で戦い、成長していくハンターたちを描いた「RWBY」から、今後も目が離せない。

RWBY(ルビー)の日程

94人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

RWBYの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

RWBYのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/17 18:00更新)

RWBY(ルビー)について

RWBY(ルビー)の魅力とは

「RWBY」の魅力は、迫力あるスピーディーなアクションである。他にも、謎めいたストーリー展開やキャラクターの仕草など、見所が満載。時には、登場キャラクターが顔芸とも捉えられるレベルの表情をしたり、体を張ったギャクを披露したりなど、アメリカらしさもしっかり取り入れられた面白みのあるアニメだ。本作が日本に上陸したのは、2014年のこと。ワーナー・ブラザーズによる正式展開が決定し、同年12月に開催された「コミックマーケット87」で公式日本語ファンブックが販売された。2015年8月開催の「コミックマーケット88」では、日本語吹き替え版のPVがお披露目となり、さらにVolume1の吹き替え版の発売が発表された。その後、Volume2と3の吹き替え版も製作され、2017年には日本でのテレビ放送が決定した。テレビでは、TOKYOMXとサンテレビ、熊本放送がVolume1~3を特別編集した吹き替え版「RWBY Volume 1-3: The Beginning」を放送。ファン待望のテレビ放送となった。Volume4の吹き替え版制作が決定されており、上映イベントも開催される。ぜひこの機会に、会場で世界観を味わってみてほしい。

RWBY(ルビー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ