関東大学ラグビー対抗戦」は、関東ラグビーフットボール協会が主催する関東地方の大学生による対抗戦。総加盟校16大学による総当たり戦で優勝を争う対抗戦だ。かつては、総当たり戦ではなく、事前に試合日程や対戦相手を決めて行う対抗戦方式が採用されていたが、1997年からは総当たり戦として開催されている。Aグループ(一部相当)とBグループ(二部相当)にそれぞれ8校が所属しており、結果に応じて入れ替えも行われる。これまで、最も優勝回数が多いのは早稲田大学。近年は、2008年に大きく躍進しその後も活躍している帝京大学に注目が集まっている。2014年度には、「関東大学ラグビー対抗戦」で帝京大学が4年連続5回目の優勝を遂げている。ラグビーのワールドカップが日本で開催されることもあり、「大学ラグビー対抗戦」には新たなファン層も増えてきている。

大学ラグビー 対抗戦の日程

232人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大学ラグビー対抗戦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

大学ラグビー 対抗戦について

「関東大学ラグビー対抗戦」は、関東地方の16の大学チームによる対抗戦。関東ラグビーフットボール協会が主催している。現在は、総加盟校16校がA・Bに8校ずつ分かれて関東大学ラグビー対抗戦グループ所属しており、総当たり戦で優勝を争っている。 かつての「関東大学ラグビー対抗戦」は、総当たり戦ではなく、シーズン毎に行なう事前のマネージャー会議にて試合日程や対戦相手を決める「対抗戦方式」で行われていたが、1997年からは総当たり戦として開催されている。

2015年度、Aグループ(一部相当)に所属しているのは、帝京大学、早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学、筑波大学、青山学院大学、立教大学、日本体育大学。Bグループ(二部相当)に所属しているのは、明治学院大学、一橋大学、成蹊大学、東京大学、成城大学、学習院大学、上智大学、武蔵大学。結果に応じて入れ替えも行われる。現在、新規校の受け入れは凍結されている。

「関東大学ラグビー対抗戦」で咲いた優勝を誇るのは早稲田大学。近年注目されているのは、2014年度に4年連続5回目の優勝を遂げるなど、躍進目覚ましい帝京大学。次回ラグビーのワールドカップが日本で開催されることもあり、現在ラグビーへの関心が高まっている。未来の日本代表の戦いが見られるとあって、「関東大学ラグビー対抗戦」のチケットは入手が難しくなっている。

大学ラグビー 対抗戦が好きな方はこんなチケットもおすすめ