ラグビー日本代表は、日本ラグビー協会のナショナルチームである。その桜のエンブレムにちなんで「チェリーブロッサムズ」と呼ばれる。ラグビーは身体の小さな日本人には圧倒的に不利なスポーツだと思われてきた。事実、1987年の第1回からワールドカップへ参加し続けてきた日本代表ではあったが、第2回大会の予選第三試合ジンバブエ戦が唯一の勝利(52-8)であった。しかし、2012年から代表のヘッドコーチに就任したオーストラリア出身の名将エディー・ジョーンズがその固定観念を覆したことにより、日本は空前のラグビーブームに包まれることとなる。2014年の国際マッチ11連勝など目覚しい成長を記録して挑んだ2015年のラグビーワールドカップ。グループBの開幕戦でフルバック五郎丸歩の活躍などにより、W杯で過去2回優勝し世界ランク3位の南アフリカ代表に初対戦ながらラストプレーでの大逆転により34-32で勝利した。残念ながら1次リーグ敗退とはなったが国内外のメディアからは「最強の敗者」等と言われ、少なくとも次回2019年の東京開催W杯に大きな期待が持てる結果となった。自国開催で悲願の1次リーグを目指すラグビー日本代表を応援しよう!

ラグビー日本代表戦の日程

504人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ラグビー日本代表戦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/22 12:00更新)

ラグビー日本代表戦のチケットについて

ラグビー日本代表戦の魅力とは

ラグビー日本代表は、日本ラグビー協会が組織するラグビーユニオンのナショナルチームである。愛称はその桜のエンブレムにちなんで「チェリーブロッサムズ」、古くからのラグビーファンの間では「ジャパン」と呼ばれる。

ラグビーの特性上、身体の小さな日本人には圧倒的に不利なスポーツだと思われてきた。事実、1987年の第1回からワールドカップへ参加し続けてきた日本代表ではあったが、第2回大会の予選第三試合ジンバブエ戦が唯一の勝利(52-8)であった。

しかし、2012年から代表のヘッドコーチに就任したオーストラリア出身の名将エディー・ジョーンズがその固定観念を覆したことにより、日本は空前のラグビーブームに包まれることとなる。2014年の国際マッチ11連勝など目覚しい成長を記録して挑んだ2015年のラグビーワールドカップ。グループBの開幕戦でフルバック五郎丸歩の活躍などにより、W杯で過去2回優勝し世界ランク3位の南アフリカ代表に初対戦ながらラストプレーでの大逆転により34-32で勝利した。

この24年ぶりのW杯勝利は、海外のメディアにより「W杯史上最も衝撃的な結果」、「スポーツ史上最大の番狂わせ」と報じられたほどである。中3日で行われたスコットランド代表戦では10-45で敗れるも、続く第3戦サモア代表に26-5で勝利し初のW杯1大会2勝目と通算3勝目を挙げる。さらに第4戦でもアメリカ代表に28-18で勝利し大会3勝目通算4勝目を挙げるも、勝ち点で南アフリカとスコットランドを下回り、1次リーグ突破はならず1次リーグ敗退の連続記録は8大会連続に伸びてしまった。W杯において3勝したチームが1次リーグ敗退となるのは史上初である。

国内外のメディアからは「最強の敗者」等と言われ、少なくとも次回2019年の東京開催W杯に大きな期待が持てる結果となった。自国開催で悲願の1次リーグを目指すラグビー日本代表を応援しよう!

ラグビー日本代表戦が好きな方はこんなチケットもおすすめ