日本ラグビーフットボール選手権大会は、トップリーグから大学チームまでが出場する全国大会である。学生と社会人が交戦する唯一の公式戦であり、試合は毎年1月下旬に行われる。また、本大会は1960年から開催されている歴史ある公式戦だ。出場するのはトップリーグ上位 3チームと、全国大学選手権優勝チームの4チームである。2017年の「第54回日本ラグビーフットボール選手権」では、大学チームからは9大会連続11回目となる帝京大学が、トップリーグからはサントリーサンゴリアス、ヤマハ発動機ジュビロ、そして前回王者のパナソニック ワイルドナイツが出場を決めている。今年の王者に輝くのは、果たしてどのチームになるだろうか。是非とも会場で、その瞬間を目の当たりにしてほしい。

日本ラグビーフットボール選手権大会の日程

81人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

日本ラグビーフットボール選手権大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日本ラグビーフットボール選手権大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/24 00:00更新)

日本ラグビーフットボール選手権大会について

日本ラグビーフットボール選手権大会の魅力とは

毎年1月下旬に行われる「日本ラグビーフットボール選手権大会」は、ラグビーの日本一を決定する全国大会だ。日本ラグビーフットボール協会などが主催すし、トップリーグから大学チームまでが集う大会として人気を集めている。出場枠は4チームで、トップリーグの上位3チームと、全国大学選手権で優勝したチームによって争われる。そしてこの強豪4チームがそれぞれ1回戦を争い、その勝者同士で日本一を懸けて試合が行われれる。

大会のルーツは、1960-61年のシーズンで開催された「日本協会招待NHK杯争奪ラグビー大会」であり、半世紀以上の歴史を持つ大会でもある。当初はワンマッチシステムを採用していたが、1967年からは出場できるチームを拡大した。2003年には22チームが出場するという大幅な出場枠拡大となったが、2016年のシーズンで出場枠が変更され、現在の4チームで争う形となった。でこのように「日本ラグビーフットボール選手権大会」は、学生と社会人が交える唯一の公式戦として発展し、毎年白熱した戦いが繰り広げられている。全国大学選手権王座を獲得した強豪チームと、日本で活躍するトップリーグのプライドを賭けたチームの戦いは、一進一退の熾烈な戦いとなるに違いない。今まで多くの感動の名場面が誕生してきた本大会は、誰もが見逃せないものとなることだろう。

日本ラグビーフットボール選手権大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ