ロザンは、1996年結成された菅広文と宇治原史規の2人によるお笑いコンビである。デビュー当時の2人は現役大学生で宇治原が京都大学生、菅が大阪府立大学生であった。1996年に初めて受けたオーディションは不合格、オーディションの名前や形式が変わっても合格するまで挑戦し続けた。そして1年半後にやっとロザンは合格、宇治原は大学3年、菅は大学2年になっていた。合格時に書いたプロフィールの学歴欄の彼らの大学名を見た吉本興業の社員は驚き、翌日には新聞社から取材を受けた。1998年2月、劇場のイベントで、プロとして初めて初舞台に立った。以降、高学歴お笑いコンビとして知られる彼らは、テレビ・ラジオ、舞台、ライブ、受験や法律に関する講演、トークショーなど多岐に渡り活動を行っている。今後も彼らから目が離せない。

ロザンの日程

69人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ロザンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 12:00更新)

ロザンについて

ロザンの魅力とは

高学歴お笑いコンビとして知られるロザン。2人の出会いは同じ高校1年生のバスケットボール部の夏合宿で意気投合し、親しくなった。高校3年の時、菅から一緒に芸人になろうと誘い、宇治原は即答で了解した。進学についてはコンビの売りになるからと菅は、宇治原へ京大受験を勧め、宇治原は現役で京都大学に見事に合格、菅は惜しくも浪人となる。デビューしてから2001年に初めて、単独ライブを開催。以後も単独ライブを毎年複数回開催している。2003年にbaseよしもとを卒業後は、うめだ花月を舞台の中心として活動。2006年には、「平成教育予備校」に宇治原が初出演し、優勝した。そして、4連続首位の記録を出して以後はクイズバラエティーやクイズ番組などの出演が多くなった。2008年10月には菅が、ベストセラーとなり話題となった「京大芸人」、2009年11月には続編「京大少年」を刊行した。2冊合わせて20万部達成するほどの売れ行きとなった。正に菅が進学時に宇治原に言った通り、高学歴が売りとなった。2011年3月には「第4回国際教育学会・舘糾(たちただす)賞」を受賞。勉学の推奨・啓蒙に尽力した人へ贈られる賞であり、彼らお笑い芸人が選ばれるのは大変珍しいことであった。今後彼らがどのような活躍をするか期待が高まる。今後も彼らに注目したい。

ロザンが好きな方はこんなチケットもおすすめ