オペラ ばらの騎士は、リヒャルト・シュトラウス作曲のオペラである。初演は1911年ドイツ・ドレスデン宮廷歌劇場で入念なリハーサルを終え上演され大成功を収めた作品である。世間の評価も高く作品を観劇する為の観劇客用特別列車まで運行される程であった。以降は、ベルリン宮廷歌劇場、プラハ歌劇場、バイエルン宮廷歌劇場や、第2次世界大戦での爆撃で破壊され再建記念公演としての上演となったウィーン国立歌劇場など名だたる歌劇場で上演されてきた。日本の初演は1956年10月の日比谷公会堂、東京フィルハーモニー交響楽団によって演奏された。最近は宝塚歌劇団により大幅にアレンジされ2001年新築オープンを記念し月組により上演されている。

オペラ ばらの騎士の日程

63人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

オペラ ばらの騎士の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

オペラ ばらの騎士のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 12:00更新)

オペラ ばらの騎士について

オペラ ばらの騎士の魅力とは

オペラ ばらの騎士は、作曲家リヒャルト・シュトラウスが手掛けたオペラ作品である。舞台は18世紀、オーストリアのウィーン。元帥夫人のマリー・テレーズは青年貴族のオクタヴィアンと愛人関係にあった。ある朝マリーのもとに従兄のオックス男爵が訪問してきた。要件は婚約したゾフィーに銀のバラを届ける使者「ばらの騎士」を紹介してほしいというのだ。マリーは自分の愛人であるオクタヴィアンを選び、ゾフィーの元へ使者として向かう事に。しかし、ゾフィーとオクタヴィアンはお互いに一目惚れし、惹かれあっていくのであった。今作品のタクトを振るのは海外公演でも活躍する名匠セバスティアン・ヴァイグレとドイツオペラに定評があるラルフ・ワイケルト。管弦楽団は読売日本交響楽団と名古屋フィルハーモニー交響楽団となっている。出演者は、リリックソプラノの元帥夫人に林 正子、森谷真理。バスのオックス男爵に妻屋秀和、大塚博章。ソプラノ・メゾソプラノのオクタヴィアンに小林由佳、澤村翔子。リリックソプラノのゾフィーに幸田浩子、山口清子が出演予定となっている。最初から最後までシュトラウスらしい華麗で優雅な夢見心地のオペラ「ばらの騎士」。存分に堪能頂いてもらいたい作品だ。

オペラ ばらの騎士が好きな方はこんなチケットもおすすめ