ロン・カーター 80th バースデイ クインテット取扱中!ロンカーターはアメリカ出身のジャズミュージシャンである。1959年にイーストマン音楽学校を卒業し、2004年にはバークリー音楽大学より名誉博士号を授与されたロンカーター。マンハッタンのニューヨーク市立大学シティカレッジ音楽学部では20年以上教授を務めていた。元々オーケストラのコントラバス奏者を目指していたがオーケストラ入りを断念。これを機にジャズベーシストに転向することとなった。1959年にプロデビューを飾ると、「ジャズの帝王」ことマイルス・デイヴィスに見出されベーシストに抜擢された。日本には頻繁に訪れているロンカーターは2016年にも来日。トレードマークであるピッコロベースを携えて、再びファンを魅了してくれるだろう。

ロン・カーター 80th バースデイ クインテット

7人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ロンカーターの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ロンカーターのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 12:00更新)

ロンカーターについて

ロンカーターの魅力とは

アメリカ出身のジャズミュージシャン ロンカーター。
マンハッタンのニューヨーク市立大学シティカレッジ音楽学部では20年以上教授を務めていた。元々はオーケストラのコントラバス奏者を目指していたがオーケストラ入りを断念する。しかしこれを機にジャズベーシストに転向することとなった。
1959年にプロデビューを飾ると、「ジャズの帝王」と呼ばれるマイルス・デイヴィスに実力を見出されベーシストに抜擢される。他のメンバーとは一線を画す相性を見せたロンカーターは、その後のマイルス・デイヴィスの音楽の土台を支える役割を担っていく。その後このグループを離れると、名だたるジャズミュージシャンのレコーディングに参加しそのキャリアを重ねていくことになる。
ロンカーターといえばなんといっても自身で開発したピッコロベースだ。通常よりも小さいサイズのベースに細い弦を張り、より高い音で演奏出来る楽器で日本でも広く知られている。以降、ロンカーターは通常のベースとこのピッコロベースを使い分け、様々なセッションをこなし、「Piccolo」というアルバムもリリースしている。
日本でも人気の高いロンカーターは来日する機会も多く、2016年にもピッコロベースを携えて来日。ファン必見のライブとなっている。

ロンカーターが好きな方はこんなチケットもおすすめ