世界の名作「ロミオとジュリエット」を、男性だけで上演!?そんなことが出来るのは、世界の蜷川幸雄氏だからこそでしょうか。原作は今更言うまでもない、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの同名戯曲です。本作品は、「NINAGAWA×SHAKESPEARE LEGEND」第1弾として上演されます。今年はシェイクスピア誕生450周年であり、また蜷川氏が芸術監督を務める劇場、「彩の国さいたま芸術劇場」が開館されて20周年という節目の年でもあります。それらを記念して企画されたのが、「NINAGAWA×SHAKESPEARE LEGEND」です。第一弾の『ロミオとジュリエット』オールメール(男性俳優陣のみ)は、大きな期待と反響、そして話題を呼んでいます。こちらは、そのチケットのご案内になります。ロミオ役には、ドラマや映画で知られる菅田将暉、ジュリエット役を「彩の国オール・メール・シリーズ」でも人気があり、蜷川氏の舞台の常連でもある月川悠貴が務めます。物語は、対立するキャピュレット家(ジュリエット)とモンタギュー家(ロミオ)に生まれたために、家同士の憎しみや争いに巻き込まれ、悲劇の結末を迎える若き男女の純愛のストーリーです。

ロミオとジュリエット 蜷川幸雄演出の日程

13人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ロミオとジュリエットの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ロミオとジュリエットのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

ロミオとジュリエット 蜷川幸雄演出 について

ジュリエットの部屋があるバルコニーで、ロミオが一心に恋を語るシーンや、「おおロミオ!あなたはどうしてロミオなの?」などの数々のセリフなどは、舞台を観たことがない人にも、知られている有名な場面です。その『ロミオとジュリエット』という、世紀の大悲劇を蜷川氏は男性俳優だけで、どのように演出するのでしょうか?チケットの手配は、お早目にどうぞ。

ロミオとジュリエット 蜷川幸雄演出が好きな方はこんなチケットもおすすめ