仮面のロマネスク」は、宝塚歌劇が上演するミュージカル作品だ。原作はコデルロス・ド・ラクロの傑作心理小説「危険な関係」である。この原作では1780年代フランス革命前夜の設定であったが、本作では設定を50年ほどずらした王政復古時代を舞台としている。大人の恋の駆け引きを華麗に描く本作は、過去にも雪組公演(1997年)、宙組公演(2012年)、花組公演(2016年)が行なわれている人気作品だ。2017年には花組「明日海りお」「仙名彩世」主演による全国ツアーが決定している。同時に上演されるスパークリング・ショー「EXCITER!!2017」もまた見逃せない。花組新トップコンビによる、スキャンダラスなロマンに溢れたミュージカル「仮面のロマネスク」は必見だ!

仮面のロマネスクの日程

2,135人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 仮面のロマネスクのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 06:00更新)

仮面のロマネスクについて

仮面のロマネスクの魅力とは

「仮面のロマネスク」は、19世紀動乱のフランス宮廷を舞台に、青年貴族ヴァルモンと若き未亡人メルトゥイユ公爵夫人の恋の駆引きを描いたラブストーリー。原作はラクロの近代フランス心理小説の傑作「危険な関係」。ヴァルモン子爵は、数多くの女性と浮き名を流しながらも、かつての恋人メルトゥイユ公爵夫人を忘れられない。二人は互いに相手を束縛できないと認め、別々の道を歩んでいたが、ヴァルモンが貞淑の誉れ高いトゥールベル夫人に言い寄り、その思いの成就のため、自分を捨てた伯爵に復讐しようとするメルトゥイユと手を組むことから、ヴァルモンとメルトゥイユの微妙な関係が崩れていく。そこへ純朴な男爵ダンスニーが登場し、事態は思いがけぬ展開へと進む。注目のこの公演は今すぐチケットを手に入れて見に行きたい。

仮面のロマネスクが好きな方はこんなチケットもおすすめ