鹿鳴館とは1880年代明治維新に国が揺れる中、欧州列強を相手に日本の近代化をアピールするため、明治政府が外国人用の迎賓館として建てた建造物です。原作は故三島由紀夫の同名戯曲を、彼と縁故の仲だった浅利慶太氏が劇団四季ならではの卓越した朗誦術をもって現代に再現した舞台。夜毎開かれる鹿鳴館での舞踏会、そこでは絡み合う人間模様と政治的陰謀が渦巻いている、まさに三島文学の真骨頂を堪能できます。

劇団四季 鹿鳴館の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

劇団四季 鹿鳴館が好きな方はこんなチケットもおすすめ