ロクでなし魔術講師と禁忌経典(アカシックレコード)とは第26回ファンタジア大賞を受賞した日本のライトノベル。無職の主人公が講師となり、ある集団との戦いに巻き込まれていく様を描く。2017年にはテレビアニメとして放送開始。同年春スタートのアニメの中で視聴継続作品のアンケートを取った所、進撃の巨人を上回る2位にランクイン。ライトノベルとしてお決まりの設定からお決まりの展開、そして後半には予想だにしない展開、そして極めつけのダメダメ主人公がくせになるとファンの人気を獲得する。ライトノベル原作として漫画になりアニメになりとしっかりと次のステップを展開している本作。キャラクターが魅力的なだけでは終わらず、凝った世界設定にキャラクターの背景と続きが気になる作品に仕上がっている。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の日程

60人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ロクでなし魔術講師と禁忌教典のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 00:00更新)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典について

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の魅力とは

ロクでなし魔術講師と禁忌経典とは原作者羊太郎によるライトノベル及びそのアニメ化作品である。通称「ロクアカ」と呼ばれ登場するキャラクターの可愛らしさと本格的な設定、そして全体を通してのコメディが面白いと人気となっている。本作は第26回ファンタジア大賞と呼ばれるKADOKAWA主催の文学賞で大賞を取った作品であり、出版からすぐに話題となる。ライトノベルとして出版後、コミカライズされ2017年にはテレビアニメの放映も始まる。同大賞へ投稿時からタイトルは少し改変されており、当初のタイトルは「ニートなボクが魔術の講師になったワケ」である。主人公は青年グレン。長いニート生活を経て半ば強制的にある魔術学院での講師となる。当初やるきのない授業を行っていたが次第に授業にも活気が出始める。そんな時、学院はある集団から襲撃を受け、同時にグレンは戦いへと巻き込まれることになる。全体を通してコメディで描かれる中、時折本格的な魔法描写が入り読者及び視聴者を興奮させる。さらにフラグにつぐフラグを展開し次を気にさせる巧妙な手法でファンを虜にしている。独特な世界観もしっかりと作り込まれておりディテールの細かさに脱帽してしまうファンも。全てにおいて高クオリティな内容であり、これだけの盛り上がりも納得の1作である。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典が好きな方はこんなチケットもおすすめ