ROKKO SUN MUSIC(ロッコウサンミュージック)は2007年から開催夏の六甲山の野外ライブイベントだ。2007年は台風4号の影響で公開が中止になり、実質は2008年からの開催となる。出演アーティストは、酒井ヒロキ、Caravan、tobaccojuice、8Ball Aitken(from AUSTRALIA)、大橋トリオなどが参加して会場を盛り上げた。しかし、中止や中断など、さまざまな苦難に苛まれることもあり前途多難であった。2009年は「ROAD TO ROKKO SUN」と題して会場を変更して開催された。2010年、2年ぶりに六甲山で開催し、その後も毎年開催され2016年、六甲山のマイナスイオンと音楽を楽しむ!「ROKKO SUN MUSIC 2016」ではハンバート ハンバート、酒井ヒロキ、Predown、DJみそしるとMCごはんやヒラオコジョーザグループサウンズの豪華アーティストが自然と一体化して会場を熱につつんだ。2017年も熱いフェスになるだろう。

六甲山ミュージックの日程

17人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

六甲山ミュージックの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

六甲山ミュージックのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/20 06:00更新)

ROKKO SUN MUSICについて

ROKKO SUN MUSICの魅力とは

毎年、このイベントを楽しみにしている大勢の人たちが列を作り開場を待つ。「ROKKO SUN MUSIC 2016」の初日は山の天気にありがちな真っ白というほどの霧が立ち込める中で始まった。

このイベントの常連、大坂出身の酒井ヒロキがトップで登場、その瞬間に霧がなくなり日が射した。神秘的なパワーも感じながらギターの音と飾らない歌声がじわっと体に浸透していく。アーティストの大トリはCaravanがキーボードとの2人で、会場を優しくつつんでくれるようなメロディで、2人だけとは思えない音の幅が広く華のあるステージにしてくれた。夏の最高の思い出となっただろう。

2017年「ROKKO SUNMUSIC 2017」が六甲山カントリーハウスで開催する。出演アーティストはハンバートハンバート、bonobos、D.W.ニコルズ、KeishiTanakaなどが会場を盛り上げてくれる。各アーティストたちがどんなパフォーマンスで会場を楽しませてくれるか楽しみだ。大自然の中の美味しい空気でリラックスして最高のサウンドを聴くのは極上の贅沢だ。夏の思い出にみんなで行きたくなる、そんなイベントだ。野外コンサートなので、雨天決行・荒天中止となる場合がある。満喫するには天気予報を注意し必要な持ち物を用意した方が良さそうだ。夏の山の思い出を作りに行こう!

 

六甲山ミュージックが好きな方はこんなチケットもおすすめ