RICHARD O’BRIEN’S ロッキー・ホラー・ショー取扱中!ロッキー・ホラー・ショーとは、1975年にイギリスで上映されたカルト映画。イギリス公開から1年後にアメリカで公開され、当初途中退席者が出るなどお世辞にも評価が良いとは言えなかった。しかし、少しずつその独特な世界観に魅了される者が現れ、現在ではカルトムービーとして伝説的な扱いとなった。全体を通してホラーの雰囲気を漂わせカニバリズム、同性愛、麻薬などの存在を軽快な音楽に乗せて送るミュージカルとなっている。さらにその映画を広く世に広めるきっかけとなったのは、アメリカにおける深夜興業である。この上映では毎度観客がそれぞれのど派手な衣装に身を包み、どんちゃん騒ぎを繰り広げる。実に30年以上もその上映会は続いており、アメリカの一つの文化となり同時に本作をカルトムービーへと知らしめた要因となっている。

RICHARD O’BRIEN’S ロッキー・ホラー・ショー

1,215人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

サンシャイン劇場 他2会場

まつもと市民芸術館

森ノ宮ピロティホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ロッキーホラーショーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 06:00更新)

ロッキー・ホラー・ショーについて

ロッキー・ホラー・ショーの魅力とは

ロッキー・ホラー・ショーとは、カニバリズム、同性愛など様々なマイノリティとホラーそしてミュージカルを組み合わせたブラックコメディ映画である。公開当初は目も当てられないほどの最悪の評価をくだされていたものの、次第にファンが増加。アメリカでは2000年以降も定期的な上映が続くカルトムービーになっている。公開から30年が経った2005年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録されるなど、長い時間を掛けて評価を得られた珍しい作品である。

もともとは同名のミュージカルであり、原作はリチャード・オブライエン。物語は、恩師に婚約を伝えるために車を走らせるブラッドとジャネットが嵐の中見つけた古い城へと入るところから始まる。2人の前に現れたのは城の主フランクンと美男子ロッキー。ジャネットはあろうことかロッキーに目を奪われてしまい、挙句の果てにフランクンとも関係を持つ。

現在ではカルトムービーとしてのその名を知らぬ者はおらず、代表的カルトムービーとしても度々名前が挙がるまでになる。それには映画の内容もさることながら、アメリカで上映される際の会場全体のお祭り感が話題となっているのも理由の一つ。観客がコスプレをし上映中に喋るのはもちろんお約束の場面では全員でツッコミを入れる。会場には紙吹雪が舞い散りもはや一つのパーティーとして成り立っている。

ロッキーホラーショーが好きな方はこんなチケットもおすすめ