Rock Beats Cancer FESは、「樋口宗孝がん研究基金(MHF)」によって企画されたロック・チャリティーライブだ。本チャリティーは2013年2月に初めて開催され、これまでにがんを体験した若者をはじめとして、多くの人々に勇気と希望を届けてきた。これまでも多くのアーティストがライブの目的に賛同しており、過去には斉藤和義デーモン閣下奥田民夫BABYMETALら著名アーティストが出演している。2016年で第5回目を迎えるライブでは、大トリを務めるLOUDNESSを筆頭に、LAZYやGRANRODEOが出演する。さらにはANTHEMから柴田直人も参加するとあって、熱いロックを感じられるパフォーマンスとなりそうだ。

Rock Beats Cancer FESの日程

50人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Rock Beats Cancer FESの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Rock Beats Cancer FESのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/1 00:00更新)

Rock Beats Cancer FESについて

Rock Beats Cancer FESの魅力とは

Rock Beats Cancer FESは、がんの疾患啓発、研究支援を目的としたチャリティーライブだ。2013年2月に初めて開催されて以来、ロック音楽を通じてがんを体験している若者たちを勇気付けてきた。この音楽ライブは、肝臓がんで逝去したハードロック・ヘヴィメタルバンド LOUDNESSのドラマーである、樋口宗孝の意思を引き継いで企画されたものだ。企画を担うのは、LAZYのメンバーである井上俊次、影山ヒロノブ、高崎 晃の理解と支援のもとで設立された「樋口宗孝がん研究基金(MHF)」である。

現在約1万人に1人の子どもが、小児がんを罹っていると言われる。本チャリティーは若くしてがんと闘う若者に希望を届け、音楽で支援したいという気持ちから行われている。過去のライブには斉藤和義、LAZY、デーモン閣下、奥田民夫、BABYMETAL、少年カミカゼなど、多くの人気アーティストがこの目的に賛同し参加した。毎年ステージでは、彼らのパフォーマンスが人々の心を動かしている。がんに対しての知識を世に伝えてきたRock Beats Cancer FESは、これからも若者の心を支えるイベントとして発展し続けることだろう。

Rock Beats Cancer FESが好きな方はこんなチケットもおすすめ