RISKY DICE SOUND SYSTEM TOUR 2017 取扱中!リスキーダイス(RISKY DICE)は2008年にニューヨークで結成された日本人のみのレゲエバンドである。2009年に帰国後、日本国内で活動を開始した。笑いの絶えないMCパフォーマンスとオリジナルスタイルの楽曲で観客を喜ばせている。2014年にリリースされた「びっくりボックス」、2015年にリリースされた「びっくりボックス2」は彼らの代表作でありロングヒットを記録している。2016年にはオリジナルフルアルバム「僕らは歌を唄うグループでは、ありません!vol.1 楽をしたけりゃ苦もウェルカム」をメジャーでリリース。収録曲「OH!」がアサヒビール(株)甲子園球場ビジョン映像で使用され、読売テレビ「マヨなか笑人」のエンディングテーマに採用されている。ファーストアルバムでありながら確固とした評価を得ている。

RISKY DICE SOUND SYSTEM TOUR 2017

18人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

リスキーダイスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 18:00更新)

リスキーダイス(RISKY DICE)について

リスキーダイス(RISKY DICE)の魅力とは

レゲエの良さを伝えることを目的としているリスキーダイス。2008年にニューヨークで結成された日本人のみのレゲエバンドである。

日本国内では2009年から活動を開始した。常に笑いが起きるMCのパフォーマンスとオリジナルスタイルの楽曲で観客を沸かせている。「びっくりボックス」、「びっくりボックス2」は彼らの代表作でありロングヒットを記録している。2016年にオリジナルフルアルバム「僕らは歌を唄うグループでは、ありません!vol.1 楽をしたけりゃ苦もウェルカム」をメジャーリリースした。収録曲の「OH!」がアサヒビール(株)甲子園球場ビジョン映像で使用され、さらに読売テレビ「マヨなか笑人」のエンディングテーマ曲として採用されている。これはファーストアルバムでありながらかなりの評価を得ている。

リスキーダイスのイベントは年を追うごと内容、規模共に増しており、2014年・2015年に行われたワンマンイベント「こなそん~ONE SOUND 劇場~」では2年連続で動員人数1500人を記録している。リスキーダイスのライブは数多く開催されているので、気軽に会場に足を運ぼう。

リスキーダイス(RISKY DICE)が好きな方はこんなチケットもおすすめ