リッキー・リー・ジョーンズはアメリカ出身のシンガーソングライターである。そのポップな歌声とは裏腹に壮絶な人生を経験している。全米を転々と放浪していた彼女であったが19歳の時にロサンゼルスのクラブで歌い始め、トム・ウェイツと同棲。それらの経験を経て発表した「Easy Money」がリトル・フィートのローウェル・ジョージの目に留まり、リッキー・リー・ジョーンズはデビューのきっかけを掴むこととなった。1979年に「Easy Money」を収録したアルバム「浪漫」でデビューすると、全米3位の大ヒットを記録。後にシングルカットされた「恋するチャック」も全米4位の大ヒットとなっている。リッキー・リー・ジョーンズの来日公演で数々の賞を受賞した歌声を体感してみてはいかがだろうか。

リッキー・リー・ジョーンズの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

リッキー・リー・ジョーンズについて

リッキー・リー・ジョーンズとは

アメリカ出身のカリスマシンガーソングライター、リッキー・リー・ジョーンズ。
そのポップな歌声とは裏腹に壮絶な人生を経験。全米を転々と放浪していた彼女であったが19歳の時にロサンゼルスのクラブで歌い始め、その後ロックの殿堂入りを果たしたトム・ウェイツと同棲を開始する。それらの経験を経て発表した「Easy Money」がリトル・フィートのローウェル・ジョージの目に留まり、デビューのきっかけを掴むこととなった。
1979年に「Easy Money」を収録したアルバム「浪漫」でデビューすると、全米3位の大ヒットを記録。シングルカットされた「恋するチャック」も全米4位の大ヒットとなった。このアルバムはBillboard HOT100にて4位を記録、1979年グラミー賞最優秀新人賞を受賞しており、1stにして最高傑作と評される程の出来で、その重厚さはリッキー・リー・ジョーンズの人生経験に裏打ちされているといっても過言ではない。
その後も1981年に発表した「パイレーツ」で全米5位のヒット。1989年にゲスト参加したドクター・ジョンのアルバム「イン・ア・センチメンタル・ムード」の「メイキン・フーピー!」ではグラミー賞最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞している。

リッキー・リー・ジョーンズが好きな方はこんなチケットもおすすめ