リックアストリーは、イギリスの歌手であり、シンガーソングライターである。1987年、「Never Gonna Give You Up」、「Together Forever」が世界的な大ヒットとなった。この曲は日本でもディスコナンバーとして大ヒット。その後数回に渡る来日ライブ、テレビ出演、CM出演など、幅広く活動してきた。この後一時期休業を経て、2001年にアルバム「Keep It Turned On」、1stシングル「Sleeping」、2ndシングル「Keep It Turned On」が続いてドイツを始めとするヨーロッパでヒット。2005年にはアルバム「Portrait」がイギリス国内で再度人気を博し注目される。2016年6月にリリースされたアルバム「50」は、デビューアルバム以来、約29年ぶりとなる全英アルバムチャート1位を記録。日本でもブレイク必至のリックアストリーが、2017年8月に「SUMMER SONIC」へ出演。生の彼らを楽しめるチャンスだ。

リックアストリーの日程

71人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

リックアストリーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

リックアストリーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 12:00更新)

リックアストリーについて

リックアストリーの魅力とは

母親の影響により、幼少の頃から音楽を愛するようになったリックアストリー。地元の教会の聖歌隊を経て、10代前半で地元のバンドに加入。ドラマーとして人気のある有名なローカルバンド経験を経て以降、デビューを果たした。デビュー当時、ミュージックシーンに疾風のごとく現れた新星は、華奢なルックスに似合わないソウルフルな声が特徴的だった。「Never Too Much」などのディスコヒットで有名なルーサー・ヴァンドロスの大ファンで、ソウルフルな歌声は彼の影響もあると言えるだろう。デビューから圧倒的な人気を誇り、イギリスではデビューから6ヶ月連続でチャートの40位以内に入り続けたりと世界的に名を広めた。

2005年の復帰後は地道にツアーを続け、2008年にリリースした「Never Gonna Give You Up」がイギリスで再びシングル・チャートに登場。イギリスでのツアーは大成功し、「MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード」で史上最高のアーティスト賞を受賞した。

そして、集大成とも言えるアルバムの「50」というタイトルは、リリースした2016年に50歳になることから名付けられた。情熱的な行動力とパフォーマンスで世界各国での演奏活動を続け、まさに2回目の大ブレイクを予感させる。リックアストリーの心に染み入る感動のサウンドを体験しに、ライブへ足を運んでみてはいかがだろうか。

リックアストリーが好きな方はこんなチケットもおすすめ