リシャールピナスはフランス出身のギタリストである。彼の音楽は独特で哲学とは切っても切り離せない。パリ大学に在学中、教授であり20世紀のフランス現代哲学を代表する哲学者の一人であるジル・ドゥルーズの元で哲学を学んだ。この一方で音楽活動もスタートし、フランソワ・オジェらと「Shizo」を結成。後に「Heldon」へ改名すると1974年に1stアルバム「Electronique Guerilla」をリリースした。アートロックとしての地位を確立する中でソロとしても活動。様々な手法の音楽表現を模索している。「Heldon」という名がノーマン・スピンラッドのSF小説「鉄の夢」から着想されているように、リシャールピナスの独創的な音楽スタイルやアプローチは哲学や文学、そしてSF作品に強く影響されていることが分かる。

リシャールピナスの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

リシャールピナスについて

リシャールピナスの魅力とは

リシャールピナスはフランス出身のギタリストである。フランソワ・オジェらと「Shizo」を結成し、後に「Heldon」へ改名。1974年に1stアルバム「Electronique Guerilla」をリリースした。独自の美学に基づいた世界観とサウンドはプログレファンを始め、トランスミュージックファンなどからも高い評価を受け、天才ドラマーのフランソワ・オジェと鬼才ギタリストのリシャールピナスにより、この「Heldon」は伝説的なグループになっていく。その後の「ウェル・アンド・アライヴ・イン・フランス」も日本では完売となり、「Electronique Guerilla」とカップリングしたスペシャルエディションが再販されている。
アートロックとしての地位を確立する中でソロとしても活動。様々な手法の音楽表現を模索。「Heldon」という名がノーマン・スピンラッドのSF小説「鉄の夢」から着想されているように、彼の独創的な音楽スタイルやアプローチは哲学や文学、そしてSF作品に強く影響されていることが分かる。2013年に来日公演しているリシャールピナスが2016年に再び来日。「RICHARD PINHAS JAPAN TOUR 2016 with TATSUYA YOSHIDA」を敢行する。

リシャールピナスが好きな方はこんなチケットもおすすめ