リビジョン オブ センスは、2012年に結成された5人組のインディーズロックバンドである。メンバーは、ボーカルの河井教馬(通称ずーまー)とドラマの辻友遥(じーつー)、ギターの偉町大介(ちょね)、ギターの嘉藤康介(こーちゃん)、ベースの上村元隆(かみむー)だ。リビジョン オブ センスは、「売れるためなら何でもする」と宣言しており、2016年のライブで観客参加型のパフォーマンスを行うなど、観客が飽きないよう様々なアプローチを積極的に行っている。最後列や観客の中央でボーカルがパフォーマンスするなど、観客との距離が近いライブを行っているのも魅力の一つだ。これからも進化し続ける彼らのライブに期待したい。

ReVision of Senceの日程

182人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ReVision of Senceのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 18:00更新)

リビジョン オブ センスについて

リビジョン オブ センスの魅力とは

リビジョン オブ センスは、楽曲がとてもユニークなロックバンドである。目を引くタイトルと聴きやすい曲調に魅了されるファンも多い。楽曲のテーマも豊富で、ポップなものから自殺や離別といったシリアスなものまであり、共感できる楽曲が数多くある。

彼らの代表曲は、「ダメ、ゼッタイ、現実逃避」や「ヨノナカカネ」が挙げられる。「ダメ、ゼッタイ、現実逃避」は、激しいサウンドと独特の世界観がたまらない一曲。愉快なPVも要チェックだ。「ヨノナカカネ」は彼ららしさがたっぷりつまったストレートな楽曲。トレンドを取り入れた、何度も聴き返したくなるような一曲だ。

リビジョン オブ センスは、ファンを飽きさせないために早いペースで新曲をリリースしているが、ライブ活動も精力的に行っており、週に2~3本、年に120本ほどのライブをこなしている。2015年には「宣戦布告の7ヵ条」、2016年には「狭くてちょー気持ちいいワンマンツアー」や「負け犬バンド負けてたまるか対バンツアー」、「八面楚歌リリース記念 ワンマンツアー」などを開催している。数多くのライブを通して磨き上げた極上のパフォーマンスを、ぜひライブで味わってみてほしい。

ReVision of Senceが好きな方はこんなチケットもおすすめ