RENT NO DAY BUT TODAY取扱中!「RENT」 は、故・ジョナサン・ラーソン氏の作詞、作曲、脚本により制作されたブロードウェイ・ミュージカルである。初演は1996年、オフブロードウェイのワークショップにて上演。大好評を博し、同年オンブロードウェイへと昇り、トニー賞ミュージカル部門で4部門を受賞。ピューリッツァー賞ドラマ部門でも最優秀作品賞受賞の数々の栄冠に輝き、現在では、世界的名作ヒット・ミュージカルのひとつに数えられている。ブロードウェイ公演では、実に12年4ヵ月ものロングランを続け、最もチケットが売れる公演のひとつであり、連続上演数5140回という快挙を遂げ、2008年9月に惜しまれつつ幕を降ろした。しかし、その後もRENT旋風は、アメリカ国内を駆け巡り、世界15か国で各国語に訳されて公演が行われてきた。RENT の熱狂的なファンを「レントヘッド」と呼ぶほどに、ひとつのカルチャーとしても、それぞれの国に深く根ざしている作品。その理由に、客席をも巻き込む熱いダンスナンバーの数々や、またスポットを当てて取り上げられている人々が、民族差別や性差別、ドラッグ中毒者やHIV患者など、社会の中で偏見に苦しみながらも自分の人生を生きているマイノリティーであることも、観た人の心に深く突き刺さる題材であることが挙げられる。

RENT NO DAY BUT TODAY

2,828人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

RENTのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/20 00:00更新)

RENTについて

RENTの魅力とは

日本「RENT 」は、1998年初演。以来、演出家を替えながら幾度も再演をしている。最新版「RENT 」では、オリジナル演出家:マイケル・グライフ氏により、お馴染みとなった全主要キャストをオーディションで決めるスタイルで上演に臨む。

「RENTミュージカル」とは、プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」を原作として、ジョナサン・ラーソンが作詞・作曲・脚本を手掛けたブロードウェイ・ミュージカルである。1993年からワークショップを経た後、1994年オフ・ブロードウェイ、そしてオン・ブロードウェイに進出した1996年度を初演としている。 以後、2008年のブロードウェイ千秋楽まで、5140回の公演回数を重ね、12年4か月に及ぶロングランは、歴代8位となっている。当時、若者を中心に「RENT」人気は留まるところを知らず、現地でのチケット入手が非常に困難だったため、旅行会社が「RENT」観劇込みのツアーを開催したほどだった。

世界15か国で母国語による公演をしている。日本での初演は1998年だ。このミュージカルの伝説は、作者がオンブロードウェイ公演プレビュー初日の未明に亡くなったことから始まり、多くの都市伝説を作り出してきた。 レントヘッド(熱狂的レントファン)は言う、「ミュージカル技法は、RENT前とRENT後に分けられる」と。RENT後では、それまでの非日常的な技法から、等身大の日常に生活をしている人間を描くようになったというのだ。 ミュージカル「RENT」は、毎回全キャストをオーディションで選抜。彼らの魂の中にある叫びが、ロックのリズムを弾くとき、客席もまた魂を揺さぶられるだろう。

RENT(レント)が好きな方はこんなチケットもおすすめ