「煉獄に笑う」は月刊コミックガーデンで連載中の漫画で、作者は唐々煙である。2014年10月から放送されたアニメ「曇天に笑う」の前日譚で、「曇天に笑う」の300年前である戦国時代が舞台として描かれる。「煉獄に笑う」の主人公は石田佐吉、後の石田三成。300年に1度琵琶湖に蘇ると言われる伝説の化けもの大蛇、その大蛇には絶大な力が秘められていると言い伝えられており、戦国武将たちはその力を追い求める。2017年夏に舞台化決定となった「煉獄に笑う」。石田佐吉は鈴木拡樹が演じる。大人気コミックの舞台化となる今回、戦国の世で大蛇を追い求める武将と大蛇の器候補となる2人に双子の物語が楽しみだ。

煉獄に笑うの日程

683人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

煉獄に笑うの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

煉獄に笑うのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/13 12:00更新)

「煉獄に笑う」について

「煉獄に笑う」の魅力とは

「煉獄に笑う」は月刊マックガーデンに連載中の唐々煙が作者の漫画。2014年秋アニメとして放送された人気コミック「曇天に笑う」の前日譚となる物語だ。物語の舞台は戦国時代。主人公は後の石田三成となる石田佐吉。天下人となる秀吉の小姓として使える佐吉は秀吉の命により絶大な力を宿す「髑髏鬼灯」を探す旅に出る。佐吉は秀吉への忠誠心で、秀吉の命ならなんでも行動に起こす。こうと決めたら梃子でも動かないところがあり、へいくわい者と呼ばれる。頭の回転は早いが天然な部分がある正直者で、隠密行動をしているとばらして隠密ではなくなるということも。

「髑髏鬼灯」は、琵琶湖で300年に一度蘇ると言われる大蛇に繋がるもの。大蛇は絶大な力を持っており秀吉はじめ多くの戦国武将が追い求める。大蛇と関わりがあるとされる曇神社八代目の双子、曇芭恋と阿国を巻き込んで描かれる物語だ。2017年夏に舞台として公演されることが決定した。

石田佐吉役は鈴木拡樹、曇芭恋役は崎山つばさ、曇阿国役は前島亜美が演じる。脚本、演出は舞台「ジョーカー・ゲーム」の脚本、演出を担当する西田大輔。人気コミック「煉獄に笑う」がどのように魅力的な舞台になるのか、現地に足を運んで堪能しよう。

煉獄に笑うが好きな方はこんなチケットもおすすめ