RE:BORN(リボーン)とは日本を代表するアクション俳優TAK主演で展開する2017年公開のアクション映画。日本を舞台に壮絶なアクションが繰り広げられる戦いを描いた作品で、アクロバティックな演技はもちろん血と汗にまみれた本格的な戦闘が表現されている。主演のTAKはこれまで国内で数多くのアクション映画へと出演。制作にも携わってきた人物でその評価は日本を飛び出し世界にまで轟いている。さらに監督にはスタントマンとして活動していた過去を持つアクションに特化した監督下村勇二、作中アクションのスーパーバイザーに多くの実績をもつ稲川義貴とアクションのスペシャリストが集結した国内の最高峰のアクション映画となっている。予告編ですら興奮を隠せない本作は国内アクションの代表作ともなり得る作品である。

RE:BORN(リボーン)の日程

37人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

RE:BORNの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

RE:BORNのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 12:00更新)

RE:BORN(リボーン)について

RE:BORN(リボーン)の魅力とは

RE:BORN(リボーン)とは国内のアクションにおけるスペシャリストが集結した邦画最高峰となる2017年のアクション映画。TAK、下村勇二、稲川義貴と各界のアクション関係者が総力を費やして制作した映画であり、そこには映画の中身以上のアクションにかける想いが詰まっている。

本作で主演を演じるTAKは、かつて坂口 拓の名で邦画の世界で活躍していたが、次第に国内での活動に限界を感じ、2013年には1度俳優業から身を引いている。翌年に現在の名で再出発を図り、この度本作のスーパーバイザーである稲川義貴と出会う。稲川義貴はかつて自衛隊や警察など様々な場所で指導を行ってきた格闘技の教官としての顔を持つその道の専門家。ムエタイやタイ武術などの格闘技から重火器の扱いにも長けている。

そんな2人が今回タッグを組むのは「GANTZ」「図書館戦争」などの映画をはじめ、テレビゲーム「ベヨネッタ」「メタルギアソリッドVファントムペイン」などのアクションゲームにも携わる本格アクション監督下村勇二。他の出演者には篠田麻里子、いしだ壱成、斎藤 工など豪華俳優陣が起用されている。ただ恰好良いだけではない、相手を倒すことを追求した真のアクション、国内はもちろん世界にも追求する硬派なアクション映画が誕生する。

RE:BORN(リボーン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ