レベッカは、1984年4月にメジャーデビュー。メンバーの脱退・加入を経て、NOKKO(ボーカル)、土橋安騎夫(キーボード)、高橋教之(ベース)、小田原豊(ドラム)の4人体制に。紅一点のNOKKOを中心に人気を集め、1985年の4枚目のシングル「フレンズ」が大ヒット。日本のロックバンドとして初めてアルバムがミリオンセールスの130万枚を記録し、1991年の解散までに、アルバム計700万枚を売り上げた。そんな80年代の邦楽ロックを代表するバンド「レベッカ」(REBECCA)が20年ぶりに再結成、8月12日,13日に、横浜アリーナでライブ「Yesterday,Today,Maybe Tomorrow」を行う。1995年に横浜アリーナで阪神淡路大震災の復興ライブで限定再結成したが、今回はそれ以来のステージとなる。20年ぶりの再結成、ロックファンは見逃せない。

レベッカ(REBECCA)の日程

1,185人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

レベッカの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

レベッカのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

レベッカ について

80年代の邦楽ロックを代表するバンド「レベッカ」(REBECCA)が20年ぶりに再結成する。 ソロを経て音楽活動から離れていたNOKKOに変化の兆しが訪れたのは、長女を出産してからだった。夜泣きする子供に、NOKKOが子守歌を歌うと子供がぐっすり眠ることに気づいたという。そんなときに、東日本大震災が起きた。NOKKOは、被災者の人たちを想う日々の中で、レベッカのバラード『Maybe Tomorrow』の歌詞、「だけど明日はきっといいことあると信じてたいの」という思い出した。当時20代だったNOKKOが手がけたレベッカの歌詞。歳月を経て、NOKKOは今、レベッカの曲をとても新鮮に感じるという。「以前はもう絶対に見ない、聴かないと思っていたけれど、ふたをパカッと開けたら、ホワーッとご飯が炊けてた、みたいな感じかしら」と、今の心境を語っている。

レベッカの再結成にファンはもちろん、日本中が注目している。BOφWYらとともに当時の音楽シーン・バンドブームを牽引した伝説のバンドの再結成に、ファンは歓喜。芸能人やアーティストにもファンは多く、ロックバンド・GLAYのHISASHIは「マジ!?か」と驚き、LINDBERGの渡瀬マキは、「えーーー!!!!!うれちい」「復興ライブで横浜アリーナでレベッカがライブしたの見たのが私にとって最初で最後のレベッカだった。あぁまたアリーナ(涙)絶対行く!!!」とTwitterで喜んだ。

80年代を代表する伝説のロックバンドがついに帰ってくる!ライブでは、当時の名曲たちを歌ってくれるそうだ。20年ぶりの新しい魅力のレベッカを、チケットをゲットして堪能したい。

レベッカ(REBECCA)が好きな方はこんなチケットもおすすめ