リアルジャパンプロレス取扱中!リアルジャパンプロレスとは、初代タイガーマスク佐山 聡によって設立された本来のプロレスの復活を目的に活動を展開するプロレス団体。2005年に設立され、試合はもちろん新人プロレスラーの育成までこなし、かつてのプロレスブームから下がりつつある勢いを復活させるため日々練習に励んでいる。代表の佐山はプロレスと同時に「掣圏真陰流」と称した実戦型武道をおこなっており、プロレスと同時進行で活動をしている。かつて佐山自身が大きな活躍を果たしたプロレス。そこに武道の精神を取り込みながら新たな逸材を育成。活動目的であり最終目標として後世にまで伝えるという役割を果たし続けている。既に多くの新人が育成されており、その都度イベントも開催。2017年秋にはチャリティーパーティー、そして新人からレジェンドまで出場する大会がおこなわれる。

リアルジャパンプロレス

55人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

リアルジャパンプロレスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 06:00更新)

リアルジャパンプロレスについて

リアルジャパンプロレスの魅力とは

リアルジャパンプロレスは、格闘技に人生を賭ける佐山 聡により設立された。本来のプロレスと同時にさまざまな活動を展開する団体だ。1999年、後に「掣圏真陰流」と改名される武道を考案。2005年にはリアルジャパンプロレスを設立し、2つを同時進行しながら独自の活動を展開する。

初代タイガーマスクとしてかつて絶大な人気を集めた佐山。プロレスへの想い、そして同時に格闘技に対する熱い想いで独自の戦いを広げている。その活動は実に幅広い。格闘技以外の分野でも活躍しており、そのうちの一つが佐山自身がおこなう「ヒプノセラピー」という催眠セラピー。他にも武道の心を広めるための講義や日本神話最古の天覧試合と言われる「須麻比(すまひ)」を伝えるセミナーなど、各種イベントがある。いずれも何かしら格闘技へと繋がるものものであり、自身が想う格闘技の心を広めるためのものとなっている。

リアルジャパンプロレスには、所属選手が多く存在。初代タイガーマスクである佐山の意思を継ぐスーパー・タイガー、桜木裕司、瓜田幸造などが活躍している。プロレスラー養成学校・虎の穴では常に新たな逸材を募集しており、18歳以上の健康な男子であれば誰でも応募が可能。格闘の基本だけでなく心まで知ることができ、文字通り心身ともに鍛えられる場所だ。

リアルジャパンプロレスが好きな方はこんなチケットもおすすめ