レイ・パーカーJr.はアメリカ、デトロイト出身のミュージシャンである。10代の頃にはカッティングの名手と言われる程の実力を持っていたと言われている彼はスカウトされプロの道に。その後チャカ・カーンやスティービー・ワンダーなどのセッションに参加しキャリアを磨くと、1977年にレイディオを結成。2枚のアルバムをリリースし、いずれもR&Bチャートでヒットを記録。この頃に彼の代表曲となるようなシングルもリリースされている。彼名前を一躍有名にしたのが1984年、映画「ゴーストバスターズ」の主題歌「ゴーストバスターズ」。これは空前の大ブームを巻き起こし、レイ・パーカーJr.にとっても最大のヒットを記録した。

レイ・パーカーJr.の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

レイ・パーカーJr.について

レイ・パーカーJr.の魅力とは

レイ・パーカーJr.はアメリカ出身のギタリスト、ミュージシャンである。
チャカ・カーンやスティービー・ワンダーなどのセッションに参加しキャリアを磨くと、1977年にレイディオを結成。同年の「Raydio」と1979年に「Rock On」2枚のアルバムをリリースし、いずれもヒットを記録した。80年代に入りバンド名をレイ・パーカーJr.&レイディオに改名。「Bad Boy」、「Still In The Groove」、日本でも人気のあった「パーティー・ナウ」など次々にヒットを飛ばし、「ウーマン・ニーズ・ラブ」が全米R&Bチャート1位、一般チャートで4位と大ヒットするがその後バンドを惜しまれ解散してしまう。
その実力は相当なものでレイ・パーカーJr.に惚れ込んだスティービー・ワンダーが自ら電話して猛アプローチ、それを信じられないレイ・パーカーJr.が電話を切ってしまったなどの逸話がある程だ。
彼の名前を一躍有名にしたのが1984年、映画「ゴーストバスターズ」の主題歌「ゴーストバスターズ」。これは空前の大ブームを巻き起こし一般、そしてR&Bチャートで1位を記録、レイ・パーカーJr.の名前を世界に轟かせた。
現在はJOE SAMPLE&THE CREOLE JOE BANDにボーカル、ギターとして参加し日本でもライブを行っている。

レイ・パーカーJr.が好きな方はこんなチケットもおすすめ