「百鬼オペラ 羅生門」は、芥川龍之介の小説を原作とした舞台である。「羅生門」を始め、短編小説「藪の中」、映画化もされた「蜘蛛の糸」、「鼻長き僧の事」を題材とした「鼻」など芥川龍之介の名作小説を、芥川の人生に絡ませ描いていく。出演は満島ひかり、柄本 佑、吉沢 亮、田口浩正、小松和重、銀粉蝶など実力派メンバーだ。インバル・ピント&アブシャロム・ポラックが演出を担当するということで、その革新的に仕上がるであろう舞台に早くから期待が寄せられている。柄本 佑、吉沢 亮は今作がミュージカル初出演ということでファンにとっても大注目のステージになること請け合いだ。「百鬼オペラ 羅生門」は、2017年9月より上演。

百鬼オペラ 羅生門の日程

776人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

百鬼オペラ 羅生門の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

百鬼オペラ 羅生門のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 18:00更新)

百鬼オペラ 羅生門について

百鬼オペラ 羅生門の魅力とは

「蜘蛛の糸」、「羅生門」など芥川龍之介の名作小説を原作としたミュージカル「百鬼オペラ 羅生門」。

出演は5人組ユニットFolder5出身で、映画「愛のむきだし」では第19回日本映画批評家大賞 新人賞、モントリオール・ファンタジア国際映画祭 最優秀女優賞など数多くの賞を獲得した満島ひかり。「WATER BOYS 2005夏」や「医龍-Team Medical Dragon-4」などのテレビドラマで知られ、性格派俳優として活躍する柄本 佑。アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マンでRight-on賞を受賞、仮面ライダーメテオ役としても知られる吉沢 亮。この他にも田口浩正、小松和重、銀粉蝶など実力派メンバーが集結している。演出を務めるのは イスラエルのコンテンポラリー・ダンス演出ユニットインバル・ピント&アブシャロム・ポラック。INBAL PINTO & AVSHALOM POLLAK DANCE COMPANY主宰を務める同ユニットはミュージカル「100万回生きたねこ」を手掛けており、2013年版には満島ひかりが出演している。4年半ぶりのタッグということで双方気合が入っているようだ。一方、柄本、吉沢は今作が初ということでどのような舞台になるのか期待せずにはいられない。

百鬼オペラ 羅生門が好きな方はこんなチケットもおすすめ